menu

欲張りな週末 倶知安町

20160514_pt1

TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD

今週末の始まりは倶知安町からスタート。
ここで星空・朝景撮影後、黒松内町で歌才ブナ林を散策、それから黒松内岳登山をする予定。
あくまでも予定ですけどね。

結構なボリュームだけど、日ごとの変化が激しい季節なので
色々欲張ってしまおうという1日。
5月14日は1日中快晴という天気予報も後押ししてます。

で、倶知安町での話から。

仕事終わって帰宅後、準備をして出発。
下見しに朝景撮影場所に行くけど、イメージしていた条件には時期的に少し早かったみたい。
ココはまた来ないとね。

移動して2時間ほど仮眠、1:30行動開始。
数か所から天の川と羊蹄山を絡めて撮影。ほとんど星景は撮ったこと無いので、
撮影・現像ともに試行錯誤が必要ですね。

20160514_pt2

CANON EF50mm F1.8 II

ちなみに星景に使用するレンズは、
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
CANON EF50mm F1.8 II
の2本。

50mmは古いレンズだけど、やっぱりf1.8の明るさは魅力的。
これを活かせるようなロケーションを見つけないと・・。

一通り廻ったところで朝景撮影場所の近くに移動、ココから撮影します。

20160514_pt3

空が少しずつ明るくなってきた。
この時間帯ブルーアワーとか言われているけど、本当にきれいですね。
撮影忘れて見とれるくらいです。

その後日の出まで数カット撮って倶知安での撮影は終了。
本当はこのままひと眠りしたいけど、今日は欲張る1日なのでそのまま黒松内町へ。

20160514_pt4

羊蹄山周辺はジャガイモやユリ根など有名な作本がありますが稲作も盛んですね。
今時期は水が張られた水田に写る多くのシンメトリーが空やニセコの山並みを写しこみ
写欲を刺激します。
先も急ぎたいけど、通り過ぎるにはもったいない景色が次々と出てくるので、
寄り道しながら進みます。

睡魔と闘いながら無事(?)、歌才ブナ林に到着。
ここから先は次回へつづく。

THE NORTH FACE アコンカグア フーディ

欲張りな週末 歌才ブナ林

関連記事

  1. 天気がイマイチな時は。

    観光名所もいいけど。土日の天気がイマイチそうだったので、今週も山登り…

  2. 欲張りな週末 歌才ブナ林

    本日2つめの目的地、歌才ブナ林に到着。黒松内町は日本のブナ北限地…

  3. モラップ 支笏湖

    タイムラプスを撮ってみた@支笏湖

    風不死岳登山口から帰宅後、自宅で朝撮影分のデータ整理をしていたが、やはり不完…

  4. シラフラ 乙部町 滝瀬海岸 観光名所

    乙部町のシラフラでオレフラを撮る

    先週末の3連休。せっかくなので少し遠出してきました。場所は道南の乙部…

  5. 余市町 ローソク岩 タイムラプス

    余市町 ローソク岩のタイムラプス

    金曜の夜から余市町の観光名所であるローソク岩のタイムラプスを撮ってきました。…

  6. 岩 海 カモメ  夕日 黄砂

    2017年GW Part4 やっぱり最後は岩と海…

    GW最終日、普通なら嫌がる雨も今の自分には好都合。雨が降るのは明朝だけど、夜…

  7. 夜の道物園 エゾシカ館 支笏湖 ドラレコ HDR-251 GH コムテック

    夜の道物園 エゾシカ館

    ドラレコを購入した理由の1つが、運転中に見かける動物たちを撮影したいというも…

  8. タイムラプスを撮ってみた@支笏湖 その2

    支笏湖でタイムラプスをまた撮ってきました。今回の場所は美笛です。GP…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 黒松内町 添別ブナ林 北海道遺産 北限のブナ林 紅葉 金茶色 ヒグマ
  2. 黒松内町 歌才ブナ林 観光スポット トレッキング 駐車場 カラフル 黄金色
  3. 雄阿寒岳 登山 北海道 雲海 
  4. 羅臼岳 登山 北海道 ハイマツ
  5. 雌阿寒岳 阿寒富士 オンネトー 登山 北海道 シルエット 森林コース
  6. 美瑛町 観光名所 撮影スポット 五稜の丘 紅葉 秋 雲海 霧 北海道
  7. 恵庭岳 紅葉 登山 北海道 つっかえ棒 突っ張り棒
  8. 樽前山 風不死岳 紅葉 秋 登山 北海道 分岐
2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP