menu

上富良野岳-富良野岳周遊

7月第2週の土曜日は上富良野岳から富良野岳を回ってきました。

本当なら日曜日に登りたいけど、天気が悪そうなので今週は土曜日に。

日曜日に登りたい理由は睡眠時間が取れないから。
できれば朝早く涼しくて人の少ない時間帯に山は登りたいけど、
金曜日仕事を終えて山に向かっても寝られる時間ってだいたい3・4時間程度。
これだと自分の場合ちょっとダルイんですよね。

ただ天候によるところも登山は大きいので、今週は仕方なしです。

金曜日仕事を終えて、車中泊地の上富良野町日の出公園に到着したのが23時前。
で、起床が2時30分。もっと寝たい・・。

十勝岳温泉登山口

駐車場もまばら

コンビニで朝食・行動食を買って、登山口へ。

登山開始を4時と決めて準備します。
すでに空は明るく、少しガスってるけど、いい天気です。

駐車場もまだ空きがある。

素直に進みます

素直に進みます

最初の渡渉地点も水量はほとんど無し。

残雪

残雪は上ホロ・富良野岳分岐前のココと分岐後は1・2か所あるくらい。
少し踏み抜きそうなところもありますが、危険はありません。

まずは上富良野岳へ

上富良野岳・富良野岳分岐

この道は上富良野岳に通じるんだけど、なぜ上ホロ分岐という表示になっているか謎です。
上富良野岳と富良野岳など見間違いがあるからかなぁ?

富良野岳

登山道と富良野岳

ここからの登山道はたまに見える富良野岳以外ほとんど見るものが無いのでひたすら登り続けます。でも上富良野岳山頂近くになってようやく花々も見え始める。

ツガザクラ

ツガザクラ

チングルマ

チングルマ

他にもツツジやコザクラ系の花もちらほら見えてましたね。

上富良野岳山頂 1893m

上富良野岳山頂

で約2時間で山頂到着。
魚肉ソーセージ食って、少し休憩したらすぐ出発。

この魚肉ソーセージがやたら美味くて、今後の行動食には欠かせないでしょう。

三峰山から富良野岳

三峰山から富良野岳

三峰山から富良野岳までの山並みがきれいに見える。
奥の富良野岳まで行って、そのまま登山口へ戻ります。

三峰山 1866m

三峰山

キツイ登りも無く、涼しい風の中をのんびり歩いて、
30分くらいで三峰山に到着。

休憩も不要で、そのまま先に進みます。

十勝岳

右奥 十勝岳

逆光+霞んでいるのが残念。
午後になって順光なら、もう少しきれいに撮れるんだけど。

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ

道中もハクサンチドリやチングルマ・ツガザクラ・エゾノハクサンイチゲなども見ることができます。

富良野岳分岐

富良野岳分岐

ようやく富良野岳分岐に到着。
少し休憩して登り始めます。

花々の写真は帰りに撮ることにして、一気に山頂を目指します。
結構日差しが強く、首筋がチリチリしてる。
キャップじゃなく、後ろもケアできるものに買い替えようかな。

富良野岳山頂 1912m

富良野岳山頂

登山口から4時間15分で到着。虫も全くいないので、おにぎり食べながら休憩。
4・5人が先客としていました。

その他とも続々と登ってくるので20分くらいの休憩で降り始めます。

イワウメ

イワウメ

エゾノハクサンイチゲ

エゾノハクサンイチゲ

チングルマ(つぼみ)

チングルマ(つぼみ)

花の山と言われているだけあって、これ以外にもたくさんの花が咲いていました。
一度にすべてを撮ることは無理なので、毎年この時期に登って撮っていくのも楽しみ方の1つかも。

分岐まで降りてきたけど、かなりの混雑具合なので、そのまま登山口目指します。
登山道もとにかく次から次に人が登ってくる。

サンヨウカ

サンヨウカ

これはサンカヨウであっているかな?
だったら露に濡れると花びらが半透明になるんだけど、ぜひ来年はその姿を撮りたい。

っていうか来週末でも天気が悪いなら再訪したいくらい。
その頃にはもう終わってるかな?

20160709_pt20

富良野岳側の登山道も2・3か所雪渓が残っているけど、危険なところはありません。
あとは分岐・渡渉地点を超えて登山口へ。

無事10:50分に登山口到着
結構気温も高く、日差しも強かった午前中でした。

当初はここから自転車で望岳台へ移動し、十勝岳から上富良野岳-富良野岳の予定だったので
次回は再度そのルートで挑戦してみたい。

今回そのルートをやらなかったのは、睡眠不足でだるかったからです(苦笑)。

帰りはいつものフラヌイ温泉で、ほてった体をしっかり冷やします。
夕方からは天候が崩れる予報なので、撮影も行わずそのまま帰札しました。

来週は3連休、本当は今週にテン泊行って、来週このルートをやる予定でした。
3連休にテン泊って混みそうだよね。どういしようか思案中です。

ではまた~。

登山靴の紹介

白雲岳避難小屋銀泉台-白雲岳ー黒岳 テン泊登山 Day1

関連記事

  1. 樽前山 支笏湖 倒木 台風被害 恵庭岳

    パウダーシュガーのような風不死岳登山

    週末の土曜日は風不死岳に登ってきました。登山道がずっと急登で、しかも…

  2. 通行止め 立ち入り禁止 台風21号 

    神居尻山(Bコース→Cコース)※Aコースは通行止…

    9月最初の3連休、中日の日曜日は神居尻山へ。本当はテント泊に行きたか…

  3. トムラウシ山 南沼キャンプ指定地

    トムラウシ山 2テント泊3日(ヒサゴ沼・南沼) …

    ヒサゴ沼の夜は終始曇りで月も出ないまま夜明けへ。晴れが予想されるなら…

  4. 白雲岳 日の出 オレンジ 裏旭キャンプ指定地

    黒岳から裏旭キャンプ指定地でテント泊 Day2

    寒い、すごく寒い。寒くて浅い眠りにもつけない感じ。足元にホッカイロ入れたけど…

  5. 登山 苫小牧市

    最高の天気なのに結局樽前山

    土曜日の夜22時、道東道。以前から天気が良ければ登りたいと思っていた…

  6. 藻琴山 樹氷 日の出 冬山 登山 道東 北海道

    藻琴山で朝景+樹氷目指してスノーハイク

    3日間ほど道東をウロチョロしてきましたが、札幌と違って晴天率が高いので3日通…

  7. 紋別岳 千歳市 支笏湖 冬山 登山 北海道

    令和2年初登りは紋別岳(千歳市)&G7…

    新年あけてから約2週間近く経ちそうなところでようやく初登り。実家でインフルエ…

  8. 岩内岳 岩内町 山スキー

    山スキーで岩内岳登山

    久しぶりの山登り、約2か月ぶりかな?前回は漁岳途中敗退だったような・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 薪ストーブ ロマンチカル薪ストーブ opposite 新保製作所 炎 小樽 空焚き
  2. 藻琴山 樹氷 日の出 冬山 登山 道東 北海道
  3. 漁岳 登山 冬山 恵庭岳 支笏湖 オコタンぺ湖 風不死岳 快晴 絶景 北海道
  4. モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000 PD Redux A1239011 Power Delivery対応 g7xmk3 充usb-c電
  5. グレゴリー ターギー45 ザック 樽前山 ヒュッテ 7合目登山口 ミニスキー ファンスキー 1月
  6. g7xmk3 JRバス 札幌市
  7. 樽前山 支笏湖 朝日 風不死岳 登山 北海道 冬山
  8. キロロ 赤井川村 中級コース スキー スノーボード 北海道 ナイター ゲレンデ
2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP