menu

銀泉台-白雲岳ー黒岳 テン泊登山 Day1

7月16日・17日の土日を使って白雲岳にテン泊登山に行ってきました。
タイトル通り、銀泉台スタートで、白雲岳避難小屋でテン泊、翌日黒岳から下山のルートです。

アトモスAG 65/オスプレー

22kg・・。

金曜の朝、早起きしてパッキング。
重量は22kg、水4Lとレンズ・三脚も有るので仕方なし・・。

金曜夜、仕事を終えてから層雲峡へ。
翌朝6時のバスで、銀泉台登山口へ移動します。

層雲峡公共駐車場

層雲峡公共駐車場

道央道から上川層雲峡で下りるつもりが、工事の為、1つ手前の愛山上川で下りることに。
少し時間かかって層雲峡公共駐車場に到着。 1階部分は閉鎖中、利用再開日も不明です。

バス乗り場は、黒いセコマの川向かいにある郵便局前「大雪湖行」のバス停から。
5時30分頃バス停に行ったら、もう10人くらい並んでてビックリ。
(人が写り込むのでバス停の写真は無し)

定刻通りバスは出発して、約40分くらいで銀泉台登山口に到着(バス代900円)。
こちらもかなりの混み具合。 入山届けを書いて出発、まずは赤岳を目指します。

赤岳登山道 雪渓

こんな雪渓をいくつも越えて。

最初は緩やかな林道を歩きますが、すぐに傾斜がきつくなります。
しばらく歩くと、こういう雪渓が出てくる。このあといくつも雪渓を越えていきますが危険な個所はありません。

駒草平 コマクサ

コマクサ

1時間ちょっとで、駒草平に到着。背中は重たいですがコマクサくらいは撮って行きます。
くもり空なので花を撮るには良いですが、歩くにはちょっと憂鬱・・。

赤岳山頂

赤岳山頂

この日一番キツかったのが、赤岳山頂から2つ前の雪渓。
なかなかの斜度があり、ザックの重たさもあってしんどかった・・。

山頂近くになると時々ですが、青空も見えてきました。

2時間30分くらいで赤岳到着。
やっぱり赤岳山頂もそれなりの人ごみです。

ソーセージ1本食ったら、すぐに出発。

平坦な道を歩いて30分くらいで白雲分岐。とりあえずテン場に向かいます。
白雲岳には夕方行くつもりです。

マウンテンダックス ヌプカ2

マウンテンダックス ヌプカ2

そこからまた30分ほど道を下っていくと、白雲岳避難小屋に到着。
着いた時にはテントが2張り。まずは荷物をおろして(体が軽い!)、小屋にテン泊の届けをしに行きます。 記帳して300円払って手続き完了。

では、テントを張りましょう。
自分のテントは「マウンテンダックス ヌプカ2」。
これを選んだのは広いのと色が他と被りにくいから。
重たさは2kg弱。

スノーピーク ヤエンストーブ レギ

お昼ごはん

しばらく荷物整理してからお昼御。 インスタントラーメンを作ります。
バーナーはスノーピーク ヤエンストーブ レギ、鍋はインスタントラーメンが作れるように、UNIFLAME(ユニフレーム)山クッカー角型です。

レギを選んだのは安定性が良かったから。前足2本とガスとの3点で支えます。
また小さく畳んだ時に宇宙船みたいでカッコイイというのもありますw。

尾西 白飯

ラーメンライス

スープは飲まずに、尾西の白飯に投入。
ラーメンライスを作って、晩御飯にします。

食後は仮眠して夕方の行動に備える。

昼食を作り始めるころから、続々とテン場に人がやって来た。
場所は早いもの勝ちなので、良い場所からどんどん埋まっていく。

3連休で天気もまあまあの予報だったので混むだろうなとは思ってたけど、
ここまで混雑することになるとは正直思っていなかった。

テン場の一部が雪解け水のせいで使えない為、結局雪渓にもテントを張ることになるとは・・。

翌朝雪渓の人のテントを片づけるのを見ていたら、テントの下に銀色のエマージェンシーシートを 敷いて断熱していたのを見た。ちょっと勉強になったな。

緑岳分岐から白雲岳避難小屋への雪渓

緑岳分岐から白雲岳避難小屋へ向かう人

仮眠後、緑岳と白雲岳目指して行動開始。
今日のうち緑岳行っておけば、明日行く必要無いし、そのまま北海岳に向かうことができるのでね。

テン場から緑岳分岐に直接登れるルートもありますが、かなり急に見えるので白雲分岐から小泉岳経由で向かうことにします。

で、小泉岳まで来ますが、なんかその先に足と気持ちが進まない・・。
なので、ここで折り返して白雲岳に向かいます。
(緑岳は明日行けばいいやってことで)

北海岳からの登山者  烏帽子岳

北海岳からの登山者 右奥 烏帽子岳

白雲向かう途中から北海岳への道が見えます(北海岳から歩いてきた人の姿も)。
雪渓の上を歩いていきますが、その少し奥のえぐれ具合がすごい。
光の当たり具合によってはいい写真になったんじゃないかな・・。

白雲岳ゼブラ雪渓

白雲岳ゼブラ雪渓

白雲岳に着きますが、完全にガスってます・・。
上空はたまに青空を見せますが、肝心のゼブラはガスの向こう。

それでも少し待てばミラクル起きるかなって思って、周りのチングルマなど花を撮りながら時間をつぶします。 一度だけゼブラが顔を見せましたが、それもほんの一瞬。
この後はまたガスに包まれてしまったので、あきらめて撤退します。

明日は登るつもりないので、今回はきれいなゼブラ雪渓は拝めず。
こんな時もあるさと諦めて、テン場に戻ります。

白雲岳避難小屋

雪渓までテントが・・。

テン場戻って、昼に作ったラーメンライスで晩御飯。
周りはワイワイ賑わってますが、音楽聞きながらテント内で静かにしています。

少しずつ外の賑わいも収まり、代わって夏の水田のような夜が始まります・・。

続きはDay2で。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,108 (2020/09/28 12:09:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
尾西食品
¥3,300 (2020/09/28 12:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

富良野岳上富良野岳-富良野岳周遊

白雲岳 ゼブラ雪渓銀泉台-白雲岳ー黒岳 テン泊登山 Day2

関連記事

  1. 旭岳 マウンテンダックス 裏旭キャンプ指定地

    黒岳から裏旭キャンプ指定地でテント泊 Day1 …

    仮眠後は夕景目指して旭岳山頂を目指します。この日の日没は17時20分…

  2. ニセコ イワオヌプリ 登山 北海道 ピンクテープ 直登

    イワオヌプリ ガス+大雨からのニセコ五色温泉野営…

    4連休の始まりである土日を使ってニセコに行ってきました。月火の天候が悪い予報…

  3. ニセコアンヌプリ ニセコ町 バックカントリー BC スノーボード

    ニセコアンヌプリ 霞む羊蹄山

    ようやく天気も安定してきた3月最終土曜日、ニセコアンヌプリに登ってきました。…

  4. 樽前山 溶岩ドーム 山スキー 支寒内

    山スキーで樽前山(支寒内から)

    山スキーで樽前山に行ってきました。山スキーは今シーズン初。ようやくって感じで…

  5. 昆布岳

    せっかくの3連休、最終日の月曜日が天気よさそうということで昆布岳に登ってきま…

  6. 樽前山 東山山頂 標識 溶岩ドーム 冬 2019年 1月 青空 白

    2019年の初登りは樽前山!

    昨年まで2年連続で初登りは風不死岳でしたが、2019年は樽前山にしました。…

  7. トムラウシ山 テント泊 令和元年 南沼キャンプ指定地 登山 北海道

    令和元年2回目のトムラウシ山テント泊(短縮コース…

    トムラウシ山へ今年2回目のテント泊に行ってきました。場所はもちろん南沼キャン…

  8. 徳舜瞥山 ホロホロ山 サンカヨウ 透明 ガラス 花びら 朝露

    久しぶりの徳舜瞥山とホロホロ山 ようやく撮れた透…

    日曜日は徳舜瞥山とホロホロ山に登ってきました。本当は土曜日に樽前山で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 樽前山 ご来光 登山 奥宮 ガス 雲海
  2. ニセコ 白樺山 シャクナゲ岳 登山 北海道 岩内町
  3. ニセコ イワオヌプリ 登山 北海道 ピンクテープ 直登
  4. 樽前山 溶岩ドーム 噴煙 サンセット登山 西山 北海道
  5. 松仙園登山道  草紅葉 二の沼 三の沼 アカエゾマツ 湿原 沼の平 愛山渓温泉
  6. 銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳
  7. 大雪山 愛別岳 愛山渓温泉 分岐 北海道 登山 稜線
  8. 岩内岳 雷電山 いわないリゾートパーク ニセコ連山 羊蹄山 目国内岳 登山口 駐車場 北海道 絶景

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。