menu

黒岳から裏旭キャンプ指定地でテント泊 Day1 #2

仮眠後は夕景目指して旭岳山頂を目指します。

この日の日没は17時20分くらい。普段なら1時間前には到着したいですが、初めてのルートなので登りにかかる時間がイマイチわかりません。およそ30-40分と見て、16時スタートとすることに。

下から見上げた山頂はかなりの風が吹いている様子。雲がどんどん流れていく。当然気温も下がっていくだろうから、出発までの間に防寒をどうするか考えます。

今回持ってきている防寒着は、

・ユニクロ ウルトラライトダウン
・ノースフェイス アコンカグアフーディー


・タイツ
・モンベル インシュレーテッドアルパインパンツ

あとはカッパとニット帽を持ってきました。

自分の経験上、防寒は上よりも下をしっかりとするほうが大事。上をいくら着込んでもしたが薄いと簡単に体温は下がってしまう。逆に下をしっかり防寒できていれば、上は薄くても耐えられます。

とりあえずテントから出発するときの格好は、上はロンTとウィンドブレーカーのみ。ダウンは山頂についてからそれぞれ着ていくことにします。

下は山頂で履くのは面倒なので、タイツとアルパインパンツともにテントから履いていくことに。

もともとこのパンツは「厳冬期の~」っていう説明があるくらいなのでオーバースペックだとは思いますが、都度その状況に合わせたものを用意することなんて無理ですからね。お金こともあるし。

インシュレーテッドアルパインパンツ モンベル

モンベル インシュレーテッドアルパインパンツ

旭岳 ザレ場 雪渓 裏旭キャンプ指定地

裏から旭岳直登

予定通り16時にテント出発。

序盤こそ少し巻き気味に道がありますが、雪渓くらいからはほぼ直登。しかもザレ場なので歩きにくい。特に登山道は深く掘れているので、さらに登りにくい・・。

旭岳 山頂

意外と広い旭岳山頂

30分ほどで山頂到着。初の旭岳、しかも正面からではなく裏から。

気温は6度くらい、ただ風が強いので体感的にはもっと低く感じます。

とりあえず少し汗が引いたくらいでユニクロのダウン、しばらくしてからアコンカグアフーディーを着込みます。これで完全に防風もできて寒さは感じませんでした。

旭岳 山頂 噴煙 火口

なかなかイメージがわかず・・

山頂は雲・ガスがどんどん流れていき、太陽も見えたり隠れたり。

意外と広い山頂をウロウロするけど、正直撮影のイメージがほとんど浮かばない・・。せっかく登ってきたのにどうしよう(苦笑)。

山頂から見える山並みもイマイチ、これだっていう感じがない。かろうじて見下ろした姿見の池や噴煙が逆行で印象的だったので撮影できたくらいです。

で、結局日没前に下山することに。

旭岳 裏旭キャンプ指定地 テント ゼブラ雪渓 白雲岳

この山並みが白雲から見たゼブラの一部分のはず

でも明るいうちに下山できて良かったかも。下りのザレ場が本当に歩きずらくて危険だった。歩きやすい場所を選べたので良かったけど、暗くなってヘッデンだけだと結構時間かかったかも。

テントに戻ったら晩御飯。昼飯の時に作った尾西のラーメンライスを食べてあっさり終了。

やっぱりもっとがっつりしたものが食べたいかな。明らかにカロリー不足だと思う。1泊なので多少足りなくても何とかなるけど、なんか活力が出ないですね。

さて、本日最後のイベントは星景の撮影をすること。まずはひと眠りして、適当に目が覚めた時に撮影をします。

ということで、再びお休みなさいzzz。

天の川 旭岳 裏旭キャンプ指定地

天の川と旭岳(右)

目が覚めたのが19時30分過ぎ。あたりはもう真っ暗。テントの外を確認すると満点の星空で、肉眼でも天の川を確認できます。新月週を狙ってテント泊しに来てよかった。

カメラと三脚持ってテントの外へ。風が多少あるけど、特に寒さを感じるほどではありません。

天の川は、まあまあきれいに撮れたけど、旭岳の迫力が出ていないのが残念。もっと考えて撮らないとね・・。

テント 裏旭キャンプ指定地 天の川 マウンテンダックス

柵が邪魔だな

色々と課題はありますが、まあまあ綺麗な星景を撮れて満足。

使ったレンズはタムロン15-30 f2.8。やっぱりもう少し明るいレンズが欲しくなりますね。

一通り撮影して星景は終了。

あとは日の出まで再び仮眠します。旭岳山頂でご来光を撮影しようと思っていたけど今回はスルーすることに。

夕方登った時に朝景をイメージしてもイマイチな感じだったのでね。あとは時間ですね。登ってしまうと予定の下山開始時刻に遅れてしまいそうなので今回はテントの近場から撮影することにします。

ってことで3たびお休みなさいzzz。

ではまた~。

黒岳ロープウェイ 5合目 黒岳 紅葉 黄葉黒岳から裏旭キャンプ指定地でテント泊 Day1 #1

白雲岳 日の出 オレンジ 裏旭キャンプ指定地黒岳から裏旭キャンプ指定地でテント泊 Day2

関連記事

  1. トムラウシ山 星景 南沼キャンプ指定地

    トムラウシ山 2テント泊3日(ヒサゴ沼・南沼) …

    起きたのは3時。起床予定は2時30分。寝坊しましたw。慌ててテントか…

  2. 神居尻山 登山口 熊出没

    熊鈴持って神居尻山(Bコース→Aコース)

    土曜日に神居尻山に登ってきました。この週末も北海道の天候は微妙な様子…

  3. 藻琴山 登山 尾根 稜線 雪庇 スノーシュー 北海道

    藻琴山 冬の道東遠征Day3 ご来光&ミニモン…

    道東遠征最終日は藻琴山です。昨年登った時に楽しかったので今回も登ることにしま…

  4. 風不死岳 北尾根コース 北海道 登山 トレッキング 急登

    風不死岳を急登の北尾根コースから登山してきた

    急登で有名な石狩岳シュナイダーコースから中1日、風不死岳の北尾根コースを登っ…

  5. 樽前山 雲海 支笏湖 紋別岳 932

    樽前山 雲海&ガスの中を外輪一周の山行…

    またまた樽前山に登ってきました。北戸蔦別岳の前も樽前山でしたが自分のホームな…

  6. 神居尻山 Bコース 登山 トレッキング 道民の森

    神居尻山 強風の為Bコース → BCコース分岐で…

    トムラウシ山での1泊2日のテント泊から帰ってきた翌日、神居尻山に登ってきまし…

  7. 苔の回廊 楓沢 登山 ハイキング 絶景 観光スポット 支笏湖 ヤマレコ

    苔の回廊 楓沢から風不死岳は意外とハードだった

    先日苔の回廊と言われる楓沢の第一回廊まで歩いてみましたが、今回はその続きとし…

  8. 樽前山 ご来光 登山 奥宮 ガス 雲海

    樽前山 ご来光登山でガスに翻弄される

    いつもは夕方の涼しい時間帯をねらってサンセット登山をしていた樽前山ですが、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. ヒサゴ沼 天人峡コース テント泊 避難小屋泊 雪渓
  2. トムラウシ山 登山 テント泊 ヒサゴ沼 北沼 北海道 登山
  3. 登山 北海道 テント泊 トムラウシ山 チングルマ 天人峡コース ヒサゴ沼
  4. メスティン レシピ 炊飯 シーズニング

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。