山スキーで樽前山(支寒内から)

山スキーで樽前山に行ってきました。山スキーは今シーズン初。ようやくって感じです。

登山口は支寒内から。苔の洞門の札幌寄りに少し戻ったところからです。たぶん行けばすぐわかると思いますよ。

樽前山は道々141号線が通行止めになる直前に行っていますが、正直これで来年まで登ることは無いなって思ってたんですよね。でも地形図見てたら、支寒内から外輪まで緩やかな傾斜になっているのを見て、これからスキー向きかなって思ったので行ってきました。

 

樽前山 支寒内 苔の洞門 山スキー

最初の分かれ道、正解は右です

 

さっそくスキーを履いて9時頃にスタート。で、いきなり関門が訪れます。見たとおりの分かれ道。始め右側に進路を取りますが、ふと左側のコース奥を見るとピンクテープがチラホラ。あれ間違えたかな?と思い、戻って左のルートを進みます。

その先でもいくつか分かれ道になりますが、結局どこを進んでも行き止まり・・。20分くらい時間を無駄にしました。何のためのピンクテープだったのか。

 

樽前山 山スキー 苔の洞門

あるのは動物の足跡のみ

 

右のルートに戻ってからは1本道。迷うことなく、ゆるやかな傾斜を登っていきます。積雪は足首も無いくらい。天気も良く、こぼれ日を浴びながら楽しく登っていきます。

一度だけ谷(苔の洞門の続き箇所?)を超えてからは、明瞭な道がなくなりますが、要所にピンクテープもあったりで迷うことは無いはず。初めてのルートでしたが、gpsもあるし、スマホでもジオグラフィカを時折確認していたので問題はありませんでした。

あとは谷にそって進んでいきます。樹林帯の為、すこし積雪も少なくなり、時折岩の上に乗ってしまうこともありましたね。1月頃ならもう少し雪も積もって、そんなストレスは感じなくなるかな。

 

樽前山 支寒内 山スキー 溶岩ドーム

樹林帯を抜けたら、青空バックの溶岩ドーム

 

樹林帯を抜けると快晴の青空に白い溶岩ドームが迎えてくれた。最高に美しい。もっと近くで見たい気持ちが強くなります。

で、最後の難関が外輪への登りルート。溶岩ドーム目指して直登しようか、それとも少し左側によって、直登よりは緩やかに見える場所を登ろうか?

どうしようか考えながら歩いていたら、結局、直登するしかない場所に出ていました(汗)。左側を登るには、もう少し手前からルート取りをする必要があったみたい。

 

樽前山 山スキー 溶岩ドーム 支寒内

直登ルートしか・・

 

近づくとなかなかの迫力。とりあえず行けるところまでスキーで登ります。きつくなってきたところでアイゼンに交換。山スキーをデポしたのは、雪にまだ木が隠れておらず、結構な塊である場所。これなら間違ってスキーが滑っても木が邪魔をしてくれるかなと思って。

 

樽前山 溶岩ドーム 山スキー アイゼン 支寒内

目標を見つけて少しずつ登っていく

 

もうちょっとで溶岩ドームが見えてくるはず。少し先の木を目標に、また次の木、次の木とゆっくりですが登っていきます。斜面は結構カリカリ。その上にパウダーの雪が薄く乗っている感じです。

 

樽前山 溶岩ドーム 山スキー 支寒内 アイゼン

ああ美しい溶岩ドーム

 

12時頃外輪に到着。ちょっと雲が多くなってきたけど、ほぼ無風。全然寒くない。

それにしても溶岩ドームが美しい。

しばし見とれながら休憩します。

 

樽前山 支笏湖 山スキー アイゼン 支寒内

のんびり休憩中

 

パン食べながらコーヒー飲んで休憩中。併せて溶岩ドームのタイムラプスも撮影します。タイムラプスはそのうち数本を1つにまとめてからupしたいと思います。30秒くらいのを1つupしてもあまり見ごたえが無いですからね。

無風とは言え、さすがに1時間くらいいると寒さを感じ始めます。タイムラプスの撮影も終わったので下山することに。

 

樽前山 溶岩ドーム 山スキー 支寒内

アップで

 

名残惜しいが下山開始。慎重にスキーをデポした場所まで下ります。

スキーに履き替えてからは、ほぼエスカレーター状態。途中雪の少ない樹林帯は慎重に滑りましたが、谷を越えてからは雪もそこそこあるので心配なく滑れます。でも時間的に少し雪が溶け始め、重たくなってきたのが残念。

3時間くらいかけて登ったけど、下りは30分もかからないくらい。で、無事ゴール。さすがに初スキーだったので太ももがパンパン、上りよりもしんどかったw。

 

K2 WAYBACK 82 174cm 15-16 山スキー 樽前山

K2 WAYBACK 82 174cm 15-16

 

ルート的にも難しくないし、帰りはほぼ下りなので、また天気がよかったら再訪したいですね。ただ途中に熊のでっかい足跡もあったので、夜明け前とかはまだ注意したほうが良いかな。早く冬ごもりしてくれればいいんだけど。

最近は平日快晴、週末悪天候が続いていたけどこの日は大当たり。こんな週末が今後も続くといいですね。

今後も無理しない程度に山スキーを楽しんでいきたいと思います。ではまた~。

砂浜で使った三脚を自分でメンテナンス

撮影スポット 波 岩 モノクロ スローシャッター 海新しい撮影スポットを求めて 1勝2敗の週末

関連記事

  1. 樽前山 支笏湖 倒木 台風被害 恵庭岳

    パウダーシュガーのような風不死岳登山

    週末の土曜日は風不死岳に登ってきました。登山道がずっと急登で、しかも…

  2. 富良野岳

    上富良野岳-富良野岳周遊

    7月第2週の土曜日は上富良野岳から富良野岳を回ってきました。本当なら…

  3. 登山 

    蒸し虫な昆布岳

    せっかくの3連休も雨が降ったりと天候は残念なようす。本当なら大雪方面にテント…

  4. 2018年最初の山登りは風不死岳から

    2018年最初の山登りは風不死岳からスタート。樽前山っていうのも考え…

  5. 風不死岳からの樽前山

    風不死岳 ご来光登山

    2017年1月3日早朝、風不死岳へご来光登山に行ってきました。前回の…

  6. 大雪高原温泉沼めぐり 土俵沼

    大雪高原温泉沼めぐり

    黒岳のお鉢平一周をした翌日の10月2日日曜日、高原温泉の沼めぐりに行ってきま…

  7. 樽前山 ご来光 溶岩ドーム 東山 登山

    樽前山ご来光登山(西山ピストン)

    久しぶりの登山となりましたが、またまた樽前山に登ってきました。山登り…

  8. 雨

    沼ノ原登山口(クチャンベツコース)林道通行止め

    先週末の大雨の影響で、沼ノ原登山口(クチャンベツコース)へ続く林道が路体流出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. ニセコアンヌプリ スキー スノーボード バックカントリー
  2. 車中泊
  3. 車中泊 寝袋 
  4. ウトナイ湖 朝日 凍結 湖面 雪 氷 道の駅
  5. 樽前山 東山山頂 標識 溶岩ドーム 冬 2019年 1月 青空 白
  6. 脱衣所 浴室 グリーン
  7. ひと工夫 キャンプ飯 支笏湖
  8. Esbit(エスビット) アルコールバーナー ESAB300BR0  ストーブ
PAGE TOP