2018年最初の山登りは風不死岳から

2018年最初の山登りは風不死岳からスタート。

樽前山っていうのも考えたけど、登山口までの歩きが面倒だったので、こちらの山を選択。

昨年の初登りも今回と同じく風不死岳でした。

 

今回もご来光目指して登る予定でしたが、布団から抜け出すことができずに早朝登山は断念。ただこの日の朝は曇り予報で、15時くらいから天候が回復するみたいだったので、結果オーライだったかも。

しっかり睡眠をとって、9時過ぎに自宅を出発。支笏湖周辺で写真を撮りながら、12時過ぎに駐車スペースに到着。車が1台とまっており、先行者がいる様子。

準備して12時30分に登山口出発です。

 

風不死岳 登山 北尾根

トレースは明瞭

 

先行者のおかげでトレースは明瞭。スノーシューを履いて、ひたすら歩きます。

出発時点で天候は曇り、雪が少しチラつく程度。ただ気温は0℃くらいで登山にはかなりあたたかい。

風不死岳は結構急こう配が続く山なので、気温の高さと相まって結構汗をかきます。

 

風不死岳 北尾根 登山

登りは続くよどこまでも

 

ひたすら登ります。山頂以外はほぼ樹林帯なので風もあまり吹かず、とにかく暑い。

 

風不死岳 登山 支笏湖 樹氷 北尾根

支笏湖もガスってる

 

だいぶ高度も上がってきて樹林帯から樹氷林帯(?)へ。見下ろす支笏湖も少しガスっている様子。

 

風不死岳 北尾根

行けるところまでスノーシューで

 

新雪が多少降り積もったせいか、時折足元が滑ります。

とりあえず行けるところまでスノーシューで。無理そうならアイゼンに履き替えます。

 

風不死岳 北尾根 樹氷 登山

天候回復のきざし

 

山頂が近づくにつれ天候も良くなってきました。

ただ上空の風はかなり強そう。雲もどんどん流れていきますが、そんな雲間から太陽の光も差し込んできます。

9合目を過ぎたあたりで先行者の方が降りてきてスライド。

「こんな時間から登るの?」って言われたけど、登り始める時間より登った時の山頂での天候・景色優先で登るので、スタート時間はそんなに重要じゃない。

もちろん時間が遅くなって、暗くなったら危険なのは承知しています。ただ風不死岳なら山頂手前の岩場以外はそれほど危険個所は無い認識なので、そこは残照程度の明かりがあればクリアできるはず。あとはひたすら下るだけですからね。

 

風不死岳 登山 北尾根 恵庭岳 支笏湖 樹氷

恵庭岳も少しガスってる(下山時)

 

さすがにスノーシューではきつくなってきたので、デポしてツボ足で登ります。ただ雪が柔らかく結構踏み抜きもあったりで難儀します。キックステップで足場を固めて、少しずつ登っていきます。

ところが山頂までもう少しというところで足が埋まりまくってなかなか進めない。先行者の方はここからまたスノーシューを履いている様子。でも自分は下にデポしちゃったし・・。

ということで残り50mくらいで撤退決定w。山頂まで行っても無駄に体力使うだけだし、また今度来たら良いさと、さっさとあきらめます。

期待していた景色も樽前山方面はガスに覆われており、見える気配なし。反対の日の入り方面は雲が激しく動いているので、雲間からの夕日は望めそう。

この感じなら下山しながらでも夕景を楽しめると判断して、そそくさと下山開始。そして残照になる前に、山頂近くの岩場もクリアw。

 

樹氷 夕日 北尾根 風不死岳

強烈な夕日が樹氷に

 

下山時の夕景はなかなかのもの。無理して山頂まで行っても良かったかなと少し後悔するくらい。

それにしても下山時のスノーシューが歩きづらい。下手にトレースを歩くより、新雪を歩いた方が楽ですね。

樹氷 夕日 支笏湖 風不死岳 北尾根

支笏湖も見えた

 

登りではガスっていた支笏湖もすっかり晴れた様子。

夕日がかなり強烈だったので、東側の空もピンク色に染まっていました(1枚目)。

写真を撮りながらゆっくり下山。それでも急坂では尻滑りをして時間短縮。結構楽しいw。

 

樹氷 夕日 北尾根 風不死岳

やっぱり山頂待機していればと思ったり

 

登山口到着は17時前。あたりはすっかり暗くなっていましたが、特に危険は無し(もちろんヘッデンつけてます)。

これにて初登りは終了。今後はなるべく山道具はデポせずに、一緒に持って登ろうと思います・・。

正月休みで体がなまっていたのか、思った以上に疲れた。

冬山も色々登ってみたいところがたくさんあるので、2018年は天候に恵まれるといいな。

ではまた~。

枯山水 日の出 岩 木 海2017年の終わりに

支笏湖 朝 雪 風不死岳 樽前山正月休み明けの3連休はさぼりにさぼって山登り無し

関連記事

  1. 樽前山 溶岩ドーム 山スキー 支寒内

    山スキーで樽前山(支寒内から)

    山スキーで樽前山に行ってきました。山スキーは今シーズン初。ようやくって感じで…

  2. 樽前山 溶岩ドーム

    猛暑の樽前山

    修理に出していた車が土曜日の夜に戻ってきた。本当は日曜引き取りの予定だったけ…

  3. 樽前山 支笏湖 倒木 台風被害 恵庭岳

    パウダーシュガーのような風不死岳登山

    週末の土曜日は風不死岳に登ってきました。登山道がずっと急登で、しかも…

  4. 樽前山 西山 ダケカンバ 登山 新緑

    快晴とガスガスの風不死岳-樽前山

    日曜日、早朝から風不死岳-樽前山を登ってきました。樽前山は先週も登っ…

  5. 樽前山 ご来光 溶岩ドーム 東山 登山

    樽前山ご来光登山(西山ピストン)

    久しぶりの登山となりましたが、またまた樽前山に登ってきました。山登り…

  6. 風不死岳からの樽前山

    風不死岳 ご来光登山

    2017年1月3日早朝、風不死岳へご来光登山に行ってきました。前回の…

  7. 東山山頂から 9月

    サンセット樽前山 お花畑から東山山頂

    またまた台風が近づいてきているようですが、土曜日に樽前山に登ってきました。朝…

  8. 樽前山 東山山頂

    樽前山(東山往復)

    樽前山に登ってきました。2週間ちょっと山登りをしておらず、天候の好さそう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年1月
« 12月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 車中泊
  2. 車中泊 寝袋 
  3. ウトナイ湖 朝日 凍結 湖面 雪 氷 道の駅
  4. 樽前山 東山山頂 標識 溶岩ドーム 冬 2019年 1月 青空 白
  5. 脱衣所 浴室 グリーン
  6. ひと工夫 キャンプ飯 支笏湖
  7. Esbit(エスビット) アルコールバーナー ESAB300BR0  ストーブ
  8. ステップを中止: 回数が多すぎます
PAGE TOP