menu

岩内岳 ストレスの溜まる山スキー

毎年、天気のいいこの時期に登っている岩内岳。今年も行ってきました。

この山の楽しみは景色と帰りの山スキー。

景色に関しては、序盤こそ樹林帯を歩きますが、それでも振り返れば岩内の町並みと海、天気も良ければその奥に積丹半島も見渡せます。

山頂からも羊蹄山とニセコの山並みを一望できる最高のロケーション。

スキーに関しては山頂からスキー場を滑って帰るのが楽しみなんですよね。ほとんど人もいないので独占状態で滑ることができる。

ただ今年は・・。

海 岩 漁船 波 北海道

天気よすぎてべた凪

 

朝は別のところで撮影。天気が良すぎてべた凪状態だったため、思ったような写真は撮れず・・。

それでも前夜に少し降った雪がちょっとしたアクセントになってくれたかな。

ニセコいわない国際スキー場 IWANAI RESORT 山スキー 岩内岳

ピーカン 暑いくらい

 

撮影後は朝飯食べてからスキー場の駐車場でもある岩内岳登山口へ。

準備して9:15スタート。

先行者はスノーシューの2人組、自分のすぐ後にも3人組のスキー&ボーダーが準備していました。

ルートは今回も昨年同様夏道を歩きます。最終リフト後のことを考えるとスキー場を歩くよりもこっちの方が登りやすいような気がします。

登り始めは樹林帯。風も吹かないうえにいい天気なので、すぐにジャケットを脱ぎます。結局山頂着くまで着ることはありませんでした。

あとは先行者のトレースを追って、ニセコいわない国際スキー場からIWANAI RESORTへと名前を変えたスキー場を横目に登っていきます。

スノーキャット キャットツアー 岩内岳 IWANAI RESORT

どこまでも登るよスノーキャット

 

樹林帯を抜ければ広い尾根に出て、気持ちいい風が吹いてきます。全然寒くない。

スキー場側を見るとスノーキャットが登っていました。

結構いい金額するんだろうけど、バックカントリー好きな人にはたまらないんでしょうね。自分にはそんな技術がないので、普通に滑れるだけで満足ですが。

岩内岳 山スキー スノーシュー 直登

そろそろスキーも限界

 

尾根に出たところから風に吹かれているせいもあるんだろうけど、雪面がカリカリになってきました。

そろそろスキーで直登するのも限界っぽい。

ジグを切って登るのも面倒なので、素直にスキーをあきらめてアイゼンに変更。疲労も出てきたので、併せて小休止することに。

岩内岳 山スキー 山頂

無事山頂到着

 

結構休んでから再始動。

9合目付近で山頂から降りてきた2人組と少しお話。

どうやらスキー場の経営母体が変わったことで、駐車場の利用やスキー場を滑ることについても変化があったらしい。

駐車場を利用するときは事務所に一声かける、スキー場は滑らないなど。

まあ町から企業に運営が変わったわけだから当然と言えば当然かな。現在webサイトも制作中のようなので、そのうち明確なルールがわかるでしょう。

ということで、帰りにスキー場を滑って帰れないことが決定・・。

あの樹林帯を滑って帰るのかと思うと気が重い。

とりあえず山頂へ。12時過ぎに山頂到着。

岩内岳 山スキー 羊蹄山 ニセコ連山

天気はサイコー

 

山頂からの景色はサイコー。本当にいい天気。

風もそんなに強くはなく、寒さは感じない。

本当なら少し休憩して、コーヒーを飲みながら景色を楽しみたいところだけど、帰りのことを考えるとイマイチこの天気ほどスッキリとしない。

ほとんど休憩も取ることなく、そそくさと下山開始。

 

岩内岳 山スキー シール POMOCA

シールを貼り直して

 

途中までは楽しく滑れていたけど、さすがに樹林帯をスルスルと滑ることは無理。

なのであえてスピードを落とすために、下りにも関わらずシールを貼ることに。これでだいぶ滑りやすくなって、無事駐車場まで滑り降りました。

なんともストレスの溜まった山行。登りが良い天気で楽しかっただけになんか残念。

帰りにスキー場を滑って帰れないなら、冬の岩内岳はこれが最後かもなあ。

ではまた~。

セブンプレミアム 米麹仕立て甘酒 190ml今年の冬は甘酒にハマる

ニセコアンヌプリ ニセコ町 バックカントリー BC スノーボードニセコアンヌプリ 霞む羊蹄山

関連記事

  1. 銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳

    銀泉台から旭岳 紅葉期の車両交通規制前にと思って…

    天気予報では快晴だったので銀泉台からお鉢周りをする予定でしたが、赤岳まで登っ…

  2. 上ホロカメットク・上富良野岳・富良野岳

    十勝岳 望岳台から

    8月9・10日とお盆休みを前倒ししてもらえたので、十勝岳・オプ(別記…

  3. 白雲岳 ゼブラ雪渓

    銀泉台-白雲岳ー黒岳 テン泊登山 Day2

    あちこちからカエルのような鳴き声(いびき)がひびく白雲岳避難小屋。…

  4. やっぱり初登り?は樽前山(5号目ゲートスタート)…

    10連休のGWもあと数日。快晴予報の5月4日(金)は樽前山に登ってきました。…

  5. 樽前山 ご来光 登山 奥宮 ガス 雲海

    樽前山 ご来光登山でガスに翻弄される

    いつもは夕方の涼しい時間帯をねらってサンセット登山をしていた樽前山ですが、今…

  6. 空沼岳 登山 北海道 万計沼 小川 泥濘 遭難

    空沼岳 連日の晴天で乾いた泥濘

    空沼岳に登ってきました。昨年初めて登ったので今回で2回目、ほぼ樹林帯で泥濘箇…

  7. 看板 登山

    ご来光求めてニセコアンヌプリに登山も・・

    日曜日は朝から晴れ予報。あまりガッツリとした山登りをする気になれないので、キ…

  8. トムラウシ山 大雪山 登山 短縮コース 北海道 紅葉 トムラウシ公園 雪渓

    トムラウシ山(短縮コースから) 天気はピーカンで…

    先週くらいから旭岳で紅葉が始まったらしいので、同じ大雪山系のトムラウシ山に登…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 道民の森 神居尻山 Aコース 登山 北海道 避難小屋
  2. 樽前山 登山 北海道 溶岩ドーム
  3. 樽前山 登山 北海道 タルマエソウ イワブクロ
  4. SALOMON ザック TRAILBLAZER 20 登山 サロモン バックパック

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。