menu

ご来光求めてニセコアンヌプリに登山も・・

日曜日は朝から晴れ予報。あまりガッツリとした山登りをする気になれないので、キレイな景色を求めてニセコアンヌプリへ。

季節的に靄は出てくれるだろう、うまくいけば雲海が見れるかなって思ったんですけどね・・。

今回のニセコアンヌプリへの登山は残念な結果となりました。

ニセコアンヌプリ 登山 ニセコ町 看板 1500m

真っ暗な中登山開始

 

土曜日夜に移動。倶知安町内のレルヒ記念公園で車中泊します。

日の出は5時30分過ぎ。ニセコアンヌプリのコースタイムは約105分程度。自分的には60分ちょっとあれば登れるので4時スタートに設定します。

朝3時前に起きて倶知安町内のコンビニで朝飯。その後駐車場のニセコ町五色温泉インフォメーションセンターに移動します。着いた時には車1台が止まっているだけ。準備中にもう2台来ました。どうやら目的は同じらしい。

準備しながら見上げた空は星が見えていました。きれいな朝景が見えると期待して、予定通り4時に登山口を出発します。

いつもならロンTで登りますが、10月中旬ということもあって結構肌寒く、まだ体も慣れていないのでフリースを着たまま登ります。

ニセコアンヌプリ 登山 山頂 ニセコ町 ニセコ観測所跡

北見ても南見ても真っ白です・・

 

登山口から200mくらいは泥濘。岩も滑りやすいので注意が必要です。本当はゲイターつけた方がいいんですが自分はつけません。蒸れるのがイヤなので。その分裾に泥がついてしまいますが・・。

あとは1本道なので迷うことなく登っていきます。登山道はほぼ風があたらないのですぐ体が暑くなりますね。汗もかき始めますがフリースは脱がず、小休止しながら汗をかかないようにして登っていきます(とはいえ汗はかくけど)。

山頂が近づくにつれて濃くなっていくガス。なんかマズイ雰囲気。70分ほどで山頂に到着しますが視界は真っ白、完全にガスの中です。結構風が強いので避難小屋で待機しますが、中に入るとなんと6人+テント1張り(!)。

自分の後にも数人来たことで避難小屋自体がかなり手狭に。で、ようやくテントから出てきて撤収し始めました。たぶん星景+ご来光を求めての山行だったのかな、風の強さもあって小屋内にテント張ったんだろうけど、他人が来たならさっさとテントを撤収するべきだよね。ちょっと理解できない。

ニセコアンヌプリ 登山 下山 ガレ ニセコ町

今回は残念でした・・

 

避難小屋での待機中もスマホでニセコアンヌプリスキー場のライブカメラを確認したら、かなり晴れてきているようす。どの高さに設置されているのはわからないけど、避難小屋より下は回復傾向みたい。

ニセコアンヌプリスキー場ライブカメラ

ただ山頂はガスガスのまま。風が強いので少し待てば吹き飛ばしてくれるかもと思い引き続き待機。

でもやっぱりダメでしたw。諦めて下山開始します。

少し下ったところで写真撮ってたら上空に青空が見え始めたので、再度スマホでライブカメラを確認。完全に朝日が見えています・・。山頂だけがガスに覆われてるんですね。

諦めきれずに再度山頂まで戻って少し待ちましたが、やはり晴れそうな感じがしないので完全に諦めて下山します。

ニセコアンヌプリ 登山口 ニセコ野営場 登山 キャンプ アウトドア

ニセコ野営場の奥(隣)に登山口はあります

 

ご来光が見られると思っていたので今回の動画はそのタイムラプスだけで良いかなと思ってたけど、あてが外れて困るw。

登りは暗すぎて動画取れていないので、下山時に動画用の素材を撮りながら歩きます。

東側のスキー場は晴れているけど、西側になる登山道は結局最後まで晴れず。少し高度下げたら朝日が差し込む街並みとかが見えるかと思ってたんだけど・・。これまたあてが外れて困るw。

ニセコ ダケカンバ 10月 イワオヌプリ

五色温泉裏の紅葉はきれいだった

 

無事登山口到着。

下山後は駐車場までの道を五色温泉の裏山やイワオヌプリの紅葉・ダケカンバを撮りながら歩きます。駐車場は大体半分くらいは埋まっていたかな、みんな準備してこれから出発って人が多かったですね。

紅葉 イワオヌプリ 

五色温泉でひとっ風呂の前に

 

この後は五色温泉で汗を流して・・ではなく、近くの鏡沼へ。

イワオヌプリに登ることも考えたけど、山頂はガスがかかっていたのでパス。鏡沼は東側にあるので晴天が期待できそうなのでコチラを選びました。

結果この選択が大正解、詳細は次回で。

今回の山行のルートやコースタイムは下記のヤマレコページから確認できます。

ヤマレコ 登山 北海道

 

 

ではまた~。

道民の森 当別町何度目の神居尻山か(Bコース→Cコース)

湿原 ハイキング トレッキング 道道58号ニセコ観光の穴場?映り込む紅葉と空が美しい鏡沼までトレッキング

関連記事

  1. ヒサゴ沼 テント泊 テント場 避難小屋 トイレ

    2019年のヒサゴ沼避難小屋は改修工事の為使えま…

    タイトルにもある通り、2019年のヒサゴ沼避難小屋は改修工事(6月~10月末…

  2. 神居尻山 Bコース 登山 トレッキング 道民の森

    神居尻山 強風の為Bコース → BCコース分岐で…

    トムラウシ山での1泊2日のテント泊から帰ってきた翌日、神居尻山に登ってきまし…

  3. 樽前山 登山者 東山山頂 北海道

    樽前山 いまだタルマエソウはピーク中

    なんか天気がイマイチな中樽前山に登ってきました。ライブカメラ見ても溶岩ドーム…

  4. 通行止め 立ち入り禁止 台風21号 

    神居尻山(Bコース→Cコース)※Aコースは通行止…

    9月最初の3連休、中日の日曜日は神居尻山へ。本当はテント泊に行きたか…

  5. トムラウシ山 南沼キャンプ指定地 テント泊 登山 短縮コース 北海道 星空 テラノバ レーサーコンペティション1

    令和元年2回目のトムラウシ山テント泊(短縮コース…

    目が覚めたのは2時頃。あれほどテントをバタつかせていた風も止み、あたりは無風…

  6. 風不死岳 ご来光 登山 樽前山 冬山 北海道 朝日 噴煙

    風不死岳山頂からご来光と樽前山を見てきた(北尾根…

    この日は全道的に快晴ということでご来光を見に風不死岳に登ってきました。…

  7. チングルマ かみふらの岳 登山 上富良野岳

    十勝岳温泉登山口から十勝岳-かみふらの岳-上ホロ…

    先週末、本当はトムラウシにテント泊に行く予定でしたが、よくわからない動きをす…

  8. 樽前山 サンセット登山 北海道 溶岩ドーム 9月 噴煙

    微妙だったけどサンセット登山で樽前山(お花畑コー…

    最近のヤマレコやブログのサムネイルが緑一色な為、色みに変化をつけるべく夕日目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 薪ストーブ ロマンチカル薪ストーブ opposite 新保製作所 炎 小樽 空焚き
  2. 藻琴山 樹氷 日の出 冬山 登山 道東 北海道
  3. 漁岳 登山 冬山 恵庭岳 支笏湖 オコタンぺ湖 風不死岳 快晴 絶景 北海道
  4. モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000 PD Redux A1239011 Power Delivery対応 g7xmk3 充usb-c電
  5. グレゴリー ターギー45 ザック 樽前山 ヒュッテ 7合目登山口 ミニスキー ファンスキー 1月
  6. g7xmk3 JRバス 札幌市
  7. 樽前山 支笏湖 朝日 風不死岳 登山 北海道 冬山
  8. キロロ 赤井川村 中級コース スキー スノーボード 北海道 ナイター ゲレンデ
2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP