menu

やっぱり初登り?は樽前山(5号目ゲートスタート)

10連休のGWもあと数日。快晴予報の5月4日(金)は樽前山に登ってきました。前回(4月28日)も樽前山だったので2回連続ですね。

この日は全道的に快晴予報だったので他の山も考えましたが、今一つモチベーションの上がる山がなかったので結局いつもの樽前山に。

ご来光目指すことも考えたけど朝ゆっくりしたかったので前回とほぼ同じ行動開始時刻となりました。

樽前山 道道141号線  北海道道141号樽前錦岡線 

前回同様高速使って苫小牧西ICから5合目ゲートへ向かいます。

約1週間でだいぶ緑が増えた感じ。道中にも山菜取りと思われる車が結構停まっていましたね。

正面に見えた樽前山もほぼ雪解けって感じです。

樽前山 5合目ゲート 北海道道141号樽前錦岡線 駐車 山菜取り

5合目ゲート到着。結構登っている人が多いかなと思ったけど前回と同様の車の数。他の山に行ってるんですかね。

5合目ゲート 樽前山 登山 北海道 道道141号 樽前錦岡線

準備して出発します。ちょっと小さすぎだけど5合目ゲートの開通予定は5月31日とあるんですよね、本当だろうか?

GW開けに141号線が全線開通したら即7合目登山口まで開けられそうだけど。

林道 5合目ゲート 登山 樽前山

樹々の影がクッキリと写るくらいの快晴。なるべく汗かかないようにゆっくり歩くけどさすがに無理ですね。途中の日陰が涼しくて気持ちいい。

5合目ゲートから7合目登山口までの道、行きは全然辛くも無くあっという間なのに帰りだとあんなに長く感じるのはどうしてですかね、しかも下りなのに。

7合目登山口 樽前山 登山 残雪

50分ほどかけて7合目登山口到着。

駐車場では管理人さんが地面にトラロープで駐車スペースの仕切りを作っていました。

結局けっこう汗かいちゃいましたね、少し給水してから登山開始です。

風不死岳 樽前山 登山道

登山口周辺はほぼ雪がとけていましたが、少し登ったらまだ雪がだいぶ残っていました。ただツボ足で問題ありません。

お約束の風不死岳、ほぼ雪はとけてだいぶ緑が目立ってきたかな。あちらは141号線が全線開通したら登りに行きたいと思います。

快晴 樽前山 溶岩ドーム 西山

樹林帯ぬけてから分岐を目指しますが吹く風も気持ち良く感じます。前回は7合目登山口でウィンドブレーカーを着たけど今回はロンTのまま登っていきます。

途中下から吹き上げてくる風がぬるい時もあって天気の良さを感じます。そして分岐にでれば本日も快晴。

東山山頂 樽前山 看板 登山 溶岩ドーム

東山山頂に到着。前回は歩きやすかった分岐から東山山頂への登りも、雪がとけて気温も上がったのでゆるくサラサラになって歩きづらくなっちゃいましたね。

いつもなら山頂でタイムラプスとかとるけど、背景が雲一つ無い青空だし煙もほとんど出ていないので給水だけして西山を目指します。

あとちょっと虫がちょっと出てきたかな。まだ総攻撃を喰らうほどじゃないので我慢できるくらいです。

西山 樽前山 登山 樽前山神社奥宮 砂利

一旦分岐まで戻ってから西山へ。まずは樽前山神社奥宮を目指します。

とにかく天気がいいので歩いていて気持ちいいし、本日もニセコ連邦や羊蹄山もクッキリ右手に見えています。

ちなみに分岐から東山へ向かうと溶岩ドームの右に羊蹄山とニセコの山並みが見えますが、西山方向だと左にその山並みを見ることになります(TOPの写真)。

樽前山神社奥宮 お賽銭 苫小牧 分社

しばらく歩いて樽前山神社奥宮に到着。

外はすっかり雪がとけているけど、中にはまだ雪が積もっていたので外でお参り。お賽銭をあげられなかったので、次回来た時に2回分払おうかな。

樽前山 登山 溶岩ドーム 看板 噴煙

無事西山到着。風はほとんどなく、きれいな山並みを見ながら少し長めの休憩を取ります。

でも東山より虫の数がスゴイ・・。看板横の太陽パネルの日陰部分がベストの場所。監視カメラ下は虫がスゴ過ぎ(恐)。

西山 樽前山 溶岩ドーム 噴煙 残雪 

さて休憩も終わったので下山開始です。ここでようやく1人の男性とすれ違いましたがやっぱり人が少ないですね、5合目ゲートから歩くのがみんなイヤなのかな。

溶岩ドーム 鬼 樽前山 登山 ハイキング トレッキング

個人的にはこちらから見る、先っちょがツンツンしている溶岩ドームのほうがカッコよくて好きですね。

青空バックに撮るよりも曇り・ガスの中で撮ってみたい被写体です。

932峰 風不死岳 樽前山 登山 ハイキング トレッキング

キレイに伸びている932峰への道、ただ今回は登らず・・。

お花畑コース 樽前山 支笏湖 登山 ハイキング トレッキング

さあお花畑経由で帰ります。

こちらも所々残雪があり。今日の天気だとすこしひんやりするのでありがたいくらいです。

樽前山 お花畑 白樺 支笏湖 

さすがにまだ咲いている花はありませんね。今はまだ茶色だけどもう少ししたら色々な花が咲いて別世界に変わります。楽しみで仕方ない。

7合目登山口 駐車場 樽前山 ハイキング トレッキング 登山 トラロープ ピンテープ

ということで7合目登山口に到着。すっかり駐車場の整備も終わったようでピンクテープがキレイ。あとはダラダラと歩きながら5合目ゲート目指して今回の山行は終了です。

5合目ゲート着いたあたりで少し頭痛が出てきました。たぶん軽い脱水症状ですね。ポカリ900mを持っていきましたが少し飲み残しがあるくらいでした。

元々汗っかきなので飲み物は多めに持っていきますが、まだ5月ということで油断していました。次回以降気を付けないとダメですね。

モラップ 恵庭岳 夕日 支笏湖 反射 モーラップ キャンプ場

この日も苫小牧市内の温泉で汗を流して支笏湖経由で帰宅。

モラップで爆睡してたら17時過ぎ・・。調べたら恵庭岳の左横に夕日が落ちるようなのでこのまま夕景を撮ってから帰ります。

さて10連休もあと日曜日と月曜日の2日間のみ。天気が良いのは日曜日だけど実家ですることがあるので行動できるのは月曜日かな。天気はイマイチらしいけど、可能なら最後にどこか登ってみたいと思っています。

今回の山行ルートやコースタイムは下記のヤマレコページから確認できます。

ヤマレコ 登山 北海道

 

 

ではまた~。

樽前山 登山 ゼブラ 馬の背 東山山頂 分岐 神社久しぶりの登山はやっぱり樽前山から(5合目ゲートスタート)

PeakDesign ピークデザイン スライド SL-BK-3 アンカーカメラストラップを買い替え。ピークデザイン/PeakDesign スライド

関連記事

  1. 大雪高原温泉沼めぐり 土俵沼

    大雪高原温泉沼めぐり

    黒岳のお鉢平一周をした翌日の10月2日日曜日、高原温泉の沼めぐりに行ってきま…

  2. 北戸蔦別岳 戸蔦別岳 幌尻岳 チロロ林道 千呂露川・二岐沢コース 登山口 北海道 山頂

    チロロ林道から北戸蔦別岳

    幾つか立てた今年の山登りの目標のうちの一つが幌尻岳に登る事。登山ルー…

  3. 風不死岳 ご来光 登山 樽前山 冬山 北海道 朝日 噴煙

    風不死岳山頂からご来光と樽前山を見てきた(北尾根…

    この日は全道的に快晴ということでご来光を見に風不死岳に登ってきました。…

  4. 神居尻地区 道民の森 Aコース 登山 神居尻山 北海道 iPhone7plus 避難小屋 建て替え工事 完成

    神居尻山(Aコース→Cコース)建て替え工事だった…

    今回は久しぶりの神居尻山に登ってきました。自分にとって北のホームと言っておき…

  5. 樽前山 サンセット登山 北海道 溶岩ドーム 9月 噴煙

    微妙だったけどサンセット登山で樽前山(お花畑コー…

    最近のヤマレコやブログのサムネイルが緑一色な為、色みに変化をつけるべく夕日目…

  6. 暑寒別岳 暑寒荘 登山 北海道 暑寒ルート 天気 駐車場 熊

    初めての暑寒別岳(暑寒ルート登山口から)

    初めて暑寒別岳に登ってきました。なんかいつも登る山の候補から外れがちなのは周…

  7. 美比内山 登山 北海道 定山渓

    美比内山 はじめが肝心

    今回は美比内山に登ってきました。予定では美比内山から千尺高地を歩くつもりでし…

  8. 樽前山 西山 11月

    爆風の樽前山

    3連休最後の日曜日は樽前山に登ってきました。ちょうど今時期は東山山頂…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 樽前山 登山 北海道 タルマエソウ 高山植物 イワブクロ 花
  2. ヒサゴ沼 天人峡コース テント泊 避難小屋泊 雪渓
  3. トムラウシ山 登山 テント泊 ヒサゴ沼 北沼 北海道 登山
  4. 登山 北海道 テント泊 トムラウシ山 チングルマ 天人峡コース ヒサゴ沼

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。