menu

久しぶりの徳舜瞥山とホロホロ山 ようやく撮れた透けたサンヨウカ

日曜日は徳舜瞥山とホロホロ山に登ってきました。

本当は土曜日に樽前山でご来光登山するつもりだったけど、ポロピナイで車中泊したら寝過ごしたので登山はお休み。そのまま周辺で撮影をしていました。

最近の日の出は4時くらいですからね、ご来光目指すなら2時過ぎの行動となるので金曜夜からの行動だと厳しかったようです・・。

徳舜瞥山 登山口 鐘 熊除け 登山

というわけで最近登っていなかった徳舜瞥山・ホロホロ山に日曜日に登ることにしました。夏に登るのは久しぶり。っていうか山登り始めた年に登ったきりでそれ以降登っていないかな。

登山口は看板も出ているので迷うことは無いはず。手前の徳舜瞥山麓キャンプ場も結構賑わっていましたね。やっぱりアウトドアブームなのかな。でも先日熊が出たっていう看板も道中に見かけましたが。

駐車場は4台ほどと空いていましたね、もっと山菜取りの人がいるかと思ったけどまだ時期じゃないのかな?

さて準備して登山口へ。記帳して鐘をならしてから出発します。

徳舜瞥山 登山道 新緑 岩場

きれいな新緑の中を歩いてきますが足元は結構ゴロゴロとした岩があるので注意が必要。

周りでは結構フクロウが「ホーホー」と鳴いていましたね。以前読んだ本でアイヌのマタギの人が「熊の近くにはフクロウがいるので、その鳴く方に向かって探す」みたいなことが欠かれていたのを思い出しました・・。

クマにあったらどうするか: アイヌ民族最後の狩人 姉崎等 (ちくま文庫) → https://amzn.to/2QZjB3u / アマゾンアフィリエイト

最近、歩き始める前から飴をなめるようにしています。樽前山のお花畑コースみたいに平坦な場所からスタートする時は不要だけど少しでも勾配がある時は舐めているとそんなに疲労が来ないような・・・気がしています。

徳舜瞥山 6合目 登山 渡渉 川 湧水 湧き水 小川

道中も道はわかりやすいのでどんどん歩いていきます。出発前に見上げた山頂は結構ガスっていたけど結構木漏れ日も入ってきて眩しいくらい。

で20分ほど歩くと渡渉地点。一気にマイナスイオンに包まれ、ひんやりとして気持ちいい空気を感じます。湧水を汲める場所もあるので、ここで汲んだ水を山頂で沸かしてコーヒーっていうのもなかなか乙かも。

徳舜瞥山 登山 白樺 新緑

7合目、8合目を通り過ぎてどんどん登っていきます。周りの景観は良くないけど、足元にも小さい花々が結構咲いているし新緑を見ながら歩くだけでも結構満足できる道中です。

徳舜瞥山 泥濘 登山靴 キャラバン

所々に泥濘ポイントはあるけど気にするほどではないです。ゲイター無しでも大丈夫。

徳舜瞥山 登山 雲間 ハイマツ

ハイマツ帯に入ると外の景色が見えてきます。ガスは多いけど青空もみえていたんですけどねぇ。

そしてハイマツが出てきたってことはもう少しで山頂ということ。

徳舜瞥山 山頂標識 登山

無事山頂到着。山頂標識がガッチリ補強されていますね、思いっきり文字にもかかっているしw。

人は誰もいませんでした。そしてほぼ真っ白。羊蹄山は影も形も見えません・・。

このまま休憩せずにホロホロ山に向かいます。

徳舜瞥山 花 ハクサンチドリ 紫色 高山植物

とは言え山頂にも結構な種類の花が咲いているので、とりあえずハクサンチドリだけ撮って次へ向かいます。

徳舜瞥山・ホロホロ山も結構な数の花がありますね。シラネアオイやウコンウツギなんかも結構な数咲いていました。

ホロホロ山 登山道 ガス せめぎあい

これから向かうホロホロ山。かろうじてガスの行く手を遮ってくれています。

時間的には30分ほどかな。高低差があるようにみえるけど、それほどでもって感じですね。

サンヨウカ ホロホロ山 徳舜瞥山 朝露 透けた 花びら 白い 花

ホロホロ山に向かう途中で見つけたサンヨウカ。普段は白い花びらが朝露とかに濡れると透明な花びらに変わることで有名。ガラス細工のようと表現されることもあります。

自分もいつか見てみたいなと思っていたけどまさかここで見られるとは。別の咲いている場所を知っていたけど、もうそこでは花が終わっていたのでまた来年かなとか思っていました。

またそういう時に限って花を撮る用の準備をしていないっていう・・。

とりあえずコンデジだけど数カット撮って大満足。ここで引き返して帰ってもいいくらいです。

まだ蕾のものも結構あったので来週も撮りにきたいけど、自宅待機dayなんですよね・・。でも場所はわかったので来年また撮りに来たいと思います!

ホロホロ山 登山道 ガス 

興奮冷めやらぬ中ホロホロ山目指して歩きます。

途中まで結構お日様が出る時もあったんですけどね。まだしっかりとガスをブロックしているのを見ることができます。

そしてこの後この戦いに敗れて山はガスに呑み込まれて行きます・・。

徳舜瞥山 ガス 攻防 稜線 せめぎあい

ホロホロ山に着いたけど山頂はガスガスで何も見えず。ここでおにぎりを食べる予定だったけど景色も良くないのでそのまま引き返すことに。

ホロホロ山の山頂標識は撮り忘れ。最近動画を撮ることに気が取られて写真を忘れることが多くなってきたので注意しないと。

引き返す時に見た徳舜瞥山が今度はガスをブロック、山頂は呑み込まれようとしてますね。

山頂に着いたら結構な数の人が休憩していたので少し離れたところでタイムラプスを撮りながらおにぎりタイム。でもガスですべての視界を塞がれて戦意喪失。やっぱりここの景色は微妙みたいw。

徳舜瞥山 ミヤマアズマギク 花 山頂 群生

さっき撮り忘れたミヤマアズマギクなんかを取ったりしてから下山開始。

他にももっと花があったけど人多すぎたので諦めました。まあサンヨウカ撮れたので山行的には満足です。

徳舜瞥山 ハイマツ 下山 ガス

後は登山口目指して下りていくだけ。山頂にも結構な数の人がいましたが下山時にも結構な数の方々とすれ違いましたね。30名くらいの団体さんもいたかな。登山口に目安の時間として100分ってあったけど軽い運動にはちょうどいいのかも。

無事登山口に到着して終了。来週登りに来られないのが残念ですが来年、もっときれいに透けたサンヨウカを撮影しに来たいと思います。

さて来週は何しようかな?

今回の山行ルートやコースタイムは下記のヤマレコページから確認できます。

ヤマレコ 登山 北海道 ルート

 

 


ではまた~。

樽前山 ウコンウツギ 夕日 登山 トレッキング 花 黄色寝坊したので近場の樽前山にしたらウコンウツギとイソツツジが満開だった

zulu 40L 登山 ザック オスプレー GREGORY 羊蹄山 Mt.youtei niseko最近購入した登山グッズのご紹介 GREGORY ZULU 40とか

関連記事

  1. 黒岳山頂

    黒岳 お鉢平一周(左回り)

    先週の土曜日、黒岳からお鉢平一周をしてきました。お鉢めぐりは初めてです。…

  2. 樽前山 登山道 新緑 5月

    爆風予報の樽前山へ

    樽前山に登ってきました。天気は良かったけど、本当に風が強かったです。…

  3. 伊達紋別岳 シラネアオイ 群落 満開 きれい 稜線

    伊達紋別岳で満開のシラネアオイを見ながらトレッキ…

    週末は日曜日に伊達紋別岳に登ってきました。樽前山・神居尻山と近場が続…

  4. 2018年最初の山登りは風不死岳から

    2018年最初の山登りは風不死岳からスタート。樽前山っていうのも考え…

  5. イワオヌプリ 階段 昆布岳 ニセコ五色温泉野営場 テント

    初めてのイワオヌプリ – ニトヌプリ…

    タイトル通りニセコのイワオヌプリとニトヌプリに登ってきました。前々から登ろう…

  6. ヒサゴ沼 テント泊 テント場 避難小屋 トイレ

    2019年のヒサゴ沼避難小屋は改修工事の為使えま…

    タイトルにもある通り、2019年のヒサゴ沼避難小屋は改修工事(6月~10月末…

  7. 岩内岳 目国内岳 山スキー スノーキャット イワナイリゾート

    岩内岳 ストレスの溜まる山スキー

    毎年、天気のいいこの時期に登っている岩内岳。今年も行ってきました。こ…

  8. トムラウシ山 南沼キャンプ指定地

    トムラウシ山 2テント泊3日(ヒサゴ沼・南沼) …

    ヒサゴ沼の夜は終始曇りで月も出ないまま夜明けへ。晴れが予想されるなら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. トムラウシ山 テント泊 令和元年 南沼キャンプ指定地 登山 北海道
  2. 夕張山地 夕張岳 北海道 登山 ハイキング 木道 花の山
  3. ニセコアンヌプリ サンセット登山 五色温泉 北海道
  4. 苔の回廊 支笏湖 インスタ映えスポット 楓沢 登山 樽前山 風不死岳 北海道 苔 モラップ 駐車場 紋別橋
  5. 風不死岳 北尾根コース 北海道 登山 トレッキング 急登
  6. 石狩岳 音更山 シュナイダーコース 北海道 登山 トレッキング
  7. 雨竜沼湿原 北海道 南暑寒岳 登山 
  8. 樽前山 サンセット登山 北海道 溶岩ドーム 9月 噴煙
2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP