menu

初めてのイワオヌプリ – ニトヌプリ登山

タイトル通りニセコのイワオヌプリとニトヌプリに登ってきました。前々から登ろうと思っていた山だったのでようやくですね。

今日の予定では片道3時間くらい歩ければ良いかなって感じ。それ以上になるなら途中でも帰るつもりです。

イワオヌプリ 登山 駐車場 ニセコ

イワオヌプリに登る人はたいていニセコ町五色温泉インフォメーションセンターに車を停めると思うけど、自分の場合はそこから200mくらい離れた駐車スペースに停めました。

こちらからもイワオヌプリの登山口には登ることができるし、インフォメーションセンターから登るよりも楽だと思います。

駐車場が混むことも無いしね。

イワオヌプリ 階段 登山口 連続

駐車場から少し歩くと入林届出箱と階段が見えてきます。

どこぞの神社仏閣にでも来たかのような階段。石段じゃないけどきれいに一直線に伸びています。

では登山スタートです。

昆布岳 ニセコ五色温泉野営場 テント 登山口 イワオヌプリ 階段

階段の最上段くらいから振り返っての景色。

中央にニセコ五色温泉野営場と奥に雲に浮かぶ昆布岳。手前の白く砂地になっているところが入林届出箱ですね。野営場にはテントも数張り見えますね。

イワオヌプリ 登山道 湿度 ニセコ

階段終わったら少しの岩場歩き。その後はきれいな山道を歩いていきます。

やっぱり湿度が高いですね。ザック横にはポカリ900mlのペットを入れていますが、山頂までに飲み干すくらいの気持ちで小まめに水分補給をしていきます。

プラティパスで水は別に持って行っているけど、やっぱりハイドレにした方が良いかな?

モンベル グローブ 手袋 WIC.クール ライトグローブ スマホ対応 速乾

今回新たに導入したのが手袋。自分の場合手の甲に日光湿疹ができる体質なのでそろそろ必要かなと。日焼け止めクリームでも対応できるけど汗かくと取れちゃうし、塗り直すことを考えるとコッチのほうが良いんじゃないかな。

WIC.クール ライトグローブ → https://bit.ly/2K1EjxC(モンベル公式)

スマホ対応みたいだけど、iPhoneの場合は親指でセキュリティ解除が必要だから部分的には脱がなきゃダメだね。

イワオヌプリ 山頂 太陽

ニトヌプリへの分岐を超えて岩場を登っていくと荒廃とした雰囲気の場所にたどり着きます。

こういう感じ嫌いじゃない、十勝岳の火口付近もそうだけど非日常感があって好きですねぇ。

分岐超えてからは結構斜度があるので暑さと相まって少しキツイかな。

イワオヌプリ 蛇 ヘビ ニセコ 草むら

こんなカラッカラのところにも蛇がいるんですね。種類はわからないけど食べ物はあるんだろうか。

イワオヌプリ 硫黄 硫黄の山 アイヌ語 登山 ニセコ

イワオヌプリはアイヌ語で「硫黄の山」だとか。これはまあまあの大きさで転がっていましたがもっと細かく破片みたいのはそこら中にありました。

イワオヌプリ 山頂 ニセコ 登山 サビ

山頂到着。ようやく風にあたることができてひと息。少し風強めだけど蒸し暑さを考えるとちょうどいいかも。

ニセコ アンヌプリ 山頂 イワオヌプリ 登山 ガス

アンヌプリ山頂はガスのようす。その奥にちょっとだけ羊蹄山も見えるはずだけど今日は無理みたい。

また次回ですね。

ニセコ イワオヌプリ エゾイソツツジ 登山 高山植物

イワオヌプリはぐるっと周回することができるのでそのまま反時計周りに歩いてニトヌプリ分岐へ向かいます。

途中に咲いていたエゾイソツツジ。だいぶ小ぶりでそろそろ終わりかな。

ニトヌプリ 大沼 分岐 イワオヌプリ ニセコ 登山 ハイキング

左に行けばニトヌプリ、右に行けば大沼コース。今日はもちろん左へ。大沼はまたそのうちですね。

ニトヌプリ 登山道 ジグザグ ニセコ

イワオヌプリに登っている途中からたまに視界に入っていたのがこのニトヌプリへのジグザグの登り坂。

この蒸し暑い天気だとさすがにちょっと気が滅入るw。

ニトヌプリ 登山道 登り坂 ニセコ

日も照ってジリジリする中、何回折り返せば終わるのかなって考えながら頑張って登っていきます。

ニトヌプリ 登山 ニセコ ハイキング

ようやく終わったと思ったらその向こうにはもうひと山ありました。地図見てわかってたけどね・・。

ただここからの道が結構泥濘で大変でしたね。まともに中央突破しようとしたら結構ズブズブと沈む感じです。周りをよく見て道を選んだ方がいいです。

ニトヌプリ 山頂 ニセコ

そんなこんなでニトヌプリ山頂到着。

ここもようやく山頂に着て風に当たることができます。ちょっと長めの休憩を取ります。

チセヌプリ 登山 ガス ニセコ

向こうに見えるのがチセヌプリ。

イワオヌプリ・ニトヌプリでだいたい2時間ちょっと。今日は3時間くらい歩くつもりだったのでチセヌプリ&長沼までならありだったけど湿度がちょっときつかったのでここで折り返すことに。水の心配もあったし。

ちょうど他の方々も続々と山頂に来るタイミングでしたが、一気にガスってしまい景色もちょっと残念な感じになっちゃいましたね。

登山口 イワオヌプリ 入林届出箱 階段 登山 ニセコ

ということで下山開始。

ただ帰りはルート的にイワオヌプリを通らないのであっという間に下山終了。これだったらチセヌプリに行っても良かったかも・・。

それでもこれから登る人達と結構すれ違いましたね。イワオヌプリだけならそれほどでもないけど一番熱くなる時間帯(11時くらい)に登るのは大変じゃないかなと。

こちらの駐車場には車3台だけ。みんなインフォメーションセンターからなんだろな。できれば近いうちにチセヌプリやシャクナゲ岳方面も繋げたいですね。

今回の山行ルートやコースタイムは下記のヤマレコページから確認できます。

ヤマレコ 登山 北海道 ルート コースタイム

 

ではまた~。

樽前山 登山者 東山山頂 北海道樽前山 いまだタルマエソウはピーク中

恵庭岳 山頂 第二見晴台 自己責任初めての恵庭岳(夏)は暑くてバテバテ 第二見晴台まで

関連記事

  1. 旭岳スキーコース 樹氷 絶景 モンスター 雪原 北海道 冬山 登山

    旭岳スキーコースを歩いて姿見駅まで登ったら樹氷が…

    先日旭岳山頂に登ってきましたが、その時にやり残したことがいくつかあったので、…

  2. 風不死岳 北尾根コース 北海道 登山 トレッキング 急登

    風不死岳を急登の北尾根コースから登山してきた

    急登で有名な石狩岳シュナイダーコースから中1日、風不死岳の北尾根コースを登っ…

  3. 旭岳 マウンテンダックス 裏旭キャンプ指定地

    黒岳から裏旭キャンプ指定地でテント泊 Day1 …

    仮眠後は夕景目指して旭岳山頂を目指します。この日の日没は17時20分…

  4. 岩内岳 岩内町 山スキー

    山スキーで岩内岳登山

    久しぶりの山登り、約2か月ぶりかな?前回は漁岳途中敗退だったような・・。…

  5. 樽前山 風不死岳 紅葉 秋 登山 北海道 分岐

    樽前山 紅葉は良い感じで進行中

    自宅待機や台風の影響で1週間ほどあいた山登りですが、支笏湖周辺の紅葉も確認し…

  6. 層雲峡 りんゆう観光 大雪山

    黒岳からお鉢平一周(右回り)、紅葉は・・。

    9月2回目の3連休は最終日の月曜日に黒岳からお鉢平を回ってきました。…

  7. 樽前山 溶岩ドーム 噴煙 太陽 苫小牧市

    樽前山 サンセット登山

    山登りと撮影を兼ねて樽前山に登ってきました。樽前山での夕景撮影は前々…

  8. 東山山頂から 9月

    サンセット樽前山 お花畑から東山山頂

    またまた台風が近づいてきているようですが、土曜日に樽前山に登ってきました。朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 十勝岳連峰 三峰山 北海道 登山 縦走
  2. 十勝岳連峰 富良野岳 ガス 滝 オレンジ色 朝 ご来光 北海道 絶景
  3. タルマエソウ 樽前山 ご来光 登山 北海道
  4. イチャンコッペ山 ポロピナイ展望台 駐車場 登山口 支笏湖 北海道
  5. 夕張岳 登山 シラネアオイ 花の百名山 北海道
  6. 樽前山 雲海 支笏湖 紋別岳 932
  7. 北戸蔦別岳 戸蔦別岳 幌尻岳 チロロ林道 千呂露川・二岐沢コース 登山口 北海道 山頂
  8. 樽前山 932 風不死岳 登山 北海道 支笏湖

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。