menu

初めての恵庭岳(夏)は暑くてバテバテ 第二見晴台まで

恵庭岳に登ってきました。冬山は2016年3月に登ったことがあるけど夏山は初めてです。冬山はオコタンぺ湖側から登ったので、一般的な登山道である今回の支笏湖側からのルートも初めてとなります。

ここ数日真夏日が連続しているけどこの日も暑かったですね。第2見晴台まで3時間くらいでしたが、途中湿度も高くてかなりしんどかったです。夏道が初めてということもあり距離的な感覚がつかめなかったというのもあるかな。

恵庭岳 駐車場 標識

駐車場には7時過ぎに到着。1台の車あり。すっかり土砂崩れの影響で景観が変わってしまいましたね。

準備して8時に出発します。

恵庭岳 登山口 入山届

先行は2名で6時30分出発みたい。今日の天候ならそれくらい早くても結構な気温になってそうだけどやっぱり早朝出発が基本だよね。

出発の時点で日差しが強くて、後で気温と湿度にやられ本当にそう思った・・。

恵庭岳 砂防ダム 目印 登山 

とりあえず道なりに歩いていくと砂防ダム越しに案内が見えます。これ以外にも随所にピンクテープが多数あり感謝ですね。

昨年も道迷いや道間違いで死亡事故が起こっていることを考えると慎重になる山の一つかとも思います。

恵庭岳 登山 岩 つっかえ棒

恵庭岳といえばコレというくらい有名な岩。意外と序盤に出てくるんですね、もっと後に出てくるかと思っていました。

恵庭岳の撮影スポットでもありますが、たくさんのつっかえ棒がありましたw。

恵庭岳 登山道 ロープ 登り専用

とにかくムシムシする山道を歩いていきます。所々に急登があるけど基本的には緩やかな道が続きます。その急登の最たるものがこのロープ場。しかも登り専用です。ロープ無くても登れそうだけど当然使った方が楽に登れます。

時折開けた場所も通りますが、そういう場所はたいてい倒木によってできた空間だったりします。

その後も小まめに給水しながら登っていきます。ちなみにこの日はポカリの900mlとプラティパスに水2Lの飲み物。

恵庭岳 支笏湖 第一見晴台 登山

ようやく見晴らしのいい岩場に到着。ここが第一見晴台みたい。角度的に風不死岳・樽前山は見えないんですね、ちょっと残念。

しばしここで休憩。風も適度に吹いていてびしょ濡れのシャツも乾いていきます。ポカリもほぼ飲み干したので水を補充しておきます。

恵庭岳 第一見晴台 山頂 ガス

見上げると山頂はガスみたい。山頂に登るつもりはないけどその手前の第2見晴台までは元から行く予定です。

結構ガスは動いているのでもしかしたら晴れてくれるかも。

恵庭岳 登山 第二見晴台 

とりあえずダメ元で第二見晴台を目指します。ガスってたら戻ってきたらいいだけだし。

第二見晴台へは30分くらいかな、そんなに急登は無くなだらかに登っていく感じ。

恵庭岳 山頂 ガス 第二見晴台

着いたら晴れてた。最近天気運が悪いので諦めてたけどそろそろ運気が変わるかなw。

せっかく晴れてくれたのでここでも少し長めの休憩を取ります。

恵庭岳 登山 第二見晴台 支笏湖 噴煙

確かに高度が上がって全体の見晴らしはいいけど、絵的には第一のほうが好きかな。やっぱり支笏湖をメインに見たいし。

それにしても恵庭岳も結構色んなところから噴煙が出てるんだな、思った以上に火山でビックリ。

恵庭岳 風不死岳 樽前山 第二見晴台

庭岳越しの風不死岳。樽前山はその後ろにうっすらと見えています。

恵庭岳 自己責任 山頂 崩落 危険

ここから先は自己責任の名において山頂へ進むらしいですが自分は行きません。2018年9月の北海道胆振東部地震での山頂部崩落以降危険度がさらに増しているようですので。

2016年3月の時には山頂まで行きました。

その時にもそれなりに亀裂があったりしてもう行かない方が良いなとは思っていたので今後も行くことは無いでしょう。

樽前山の溶岩ドームに登ることにしてもそうですが、危険性が高そうな場所に他人を誘引する可能性のあることをSNS等では出さない方がいいのかなと自分は考えています。

行くのは自由ですけどね。

恵庭岳 タルマエソウ イワブクロ 第二見晴台

第二見晴台にも咲いていました。ただここではイワブクロと呼んだ方がいいのかな?

恵庭岳 登山 下山専用 下り専用 ロープ

第一・第二見晴台でそれぞれ休養を取ったのでそろそろ下山します。もう少しいても良かったけど、コバエらしきものがうるさすぎてイヤになりました・・。

登り専用のルートがあったので当然下山専用のルートもあります。結構慎重になる箇所もありましたが下山はサクサクといって登りの半分の時間で下りることができました。

風不死岳 樽前山 支笏湖 ポロピナイ 桟橋 

下山後は涼もうと思ってポロピナイへ移動。夏休み中の家族連れが多く、子供たちが水遊びしていました。

それにしても恵庭岳の駐車場には日陰が無いので下山後の車がスゴイ熱さになっていましたね・・。

支笏湖 水浴び 水遊び 脚 足

自分もコーラー片手に水遊びw。大分気持ちいいですね。これくらい熱くなるなら海パン持ってきて水浴びしたかったな。さすがに足をいれるだけじゃ体内の熱は取れない。

まあ初の恵庭岳はかなりの暑さだったので、もう少し気温が落ち着いたらまた登ってみたいと思います。

今回の山行ルートやコースタイムは下記のヤマレコページから確認できます。

ヤマレコ 登山 北海道 ルート コースタイム

 

 

ではまた~。

イワオヌプリ 階段 昆布岳 ニセコ五色温泉野営場 テント初めてのイワオヌプリ – ニトヌプリ登山

美瑛富士山頂 風 雲 標識 登山 北海道 十勝岳連峰体調不良でオプタテシケは諦めて美瑛富士だけ – 白金の美瑛富士登山口から

関連記事

  1. 空沼岳 登山 橋 川 渡渉 緊張 

    初めての空沼岳

    有給を取った水曜日、札幌近郊の空沼岳に登ってきました。近いからこそいつでも行…

  2. 白雲岳避難小屋 テント泊 北海道 登山

    ゼブラ雪渓を見に白雲岳避難小屋で1泊2日のテント…

    7月9日・10日と白雲岳避難小屋でテント泊をしてきました。よくよく考…

  3. 樽前山 支笏湖 倒木 台風被害 恵庭岳

    パウダーシュガーのような風不死岳登山

    週末の土曜日は風不死岳に登ってきました。登山道がずっと急登で、しかも…

  4. 幌尻岳 テント泊 ピパイロ岳 チロロ林道 テラノバ 北海道 百名山 絶景 ご来光

    幌尻岳(チロロ林道から北戸蔦別岳でテント泊)スマ…

    前日は念願の幌尻岳山頂を目指すもスマホの紛失&回収で体力・気力共に失いテント…

  5. トムラウシ山 登山 テント泊 ヒサゴ沼 北沼 北海道 登山

    トムラウシ山 Day2 天人峡からヒサゴ沼で2泊…

    ヒサゴ沼でのテント泊2日目は、トムラウシ山へのピストンです。昨日に引…

  6. 銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳

    銀泉台から旭岳 紅葉期の車両交通規制前にと思って…

    天気予報では快晴だったので銀泉台からお鉢周りをする予定でしたが、赤岳まで登っ…

  7. 石狩岳 音更山 シュナイダーコース 北海道 登山 トレッキング

    はじめての石狩岳と音更山(シュナイダーコースピス…

    今回は石狩岳に登ってきました。本当は先日登ったニペソツ翌日に登るつもりでした…

  8. 樽前山 東山山頂 ウコンウツギ お花畑コース 花見

    樽前山 ウコンウツギとエゾイソツツジが咲くお花畑…

    本当は樽前山-風不死岳をやるつもりでしたが、朝起きても前日からの頭痛が止まず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. ヒサゴ沼 天人峡コース テント泊 避難小屋泊 雪渓
  2. トムラウシ山 登山 テント泊 ヒサゴ沼 北沼 北海道 登山
  3. 登山 北海道 テント泊 トムラウシ山 チングルマ 天人峡コース ヒサゴ沼
  4. メスティン レシピ 炊飯 シーズニング

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。