menu

岩内岳から目国内岳までスノーシューで登り絶景のニセコ連山を見てきた

快晴予報の1日だったので岩内岳と目国内岳に登ってきました。

特に岩内岳から目国内岳までの白い雪原と青空が風も無く静かで良かったですね。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット

前日は岩内町で車中泊。朝5時頃に起きてから朝ごはん食べて登山口へ。見事な快晴で登る前からテンション上がります。

本当は白樺山に登りたかったんだけど、まだ道路封鎖が解かれていないので今回は断念です。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場

登山口のある岩内国際スキー場に到着。すでに車が1台ありました。

さあ準備して7時過ぎに出発。登るルートは夏道と同じ右側の尾根沿いを歩いて行きます。

なお2年前くらいから運営が民間に変わったため、スキー場の中を歩くこと、または滑って下りるとクレームを受けることがあるそうですのでご注意を。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場

服装はいつもと同じロンT+ウィンドブレーカー。ただ15分ほど登ったくらいで汗をかき始めたのですぐにロンT1枚に。

コースの半分は樹林帯なので、上まで行って風が当たるようになったら考えます。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 ウサギ 足跡

ウサギの足跡でしょうね。今年の暖かさならもう熊が出ていてもおかしくなさそうだけど、とりあえず今回その足跡はありませんでした。

この日はスノーシューで登りましたが、軽アイゼンでも良かったかな。日の当たらない時間帯なら踏み抜くことも無い適度な硬さでした。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 白樺

先行者が1名いると思ったんだけど、足跡らしきものを見つけることができませんでした。見晴らしの良い所に出ても姿が見えなかったのでスキー場の人だったのかな。

冬山の良い所はある程度自由にコース取りをできること。まだ細い白樺の間を抜けるように歩いて行きます。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 白樺 尾根 雪庇

1・2月だと雪が柔らかくて雪庇になっている尾根側もこの時期ならしっかりと固まっているので歩いていも大丈夫。

ふりむき坂の看板が見えるところまではスキー場を横目に登っていきます。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 白樺 尾根 雪庇

樹林帯が終わるあたりで小休止。天気が良くて積丹の山並みもクッキリです。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 白樺 尾根 雪庇

まずは9合目目指して登っていきます。

風が強くなるかと思ったらそよ風程度、引き続きロンTのみで大丈夫でした。

とはいえ普段は吹きっさらしの風が吹いているエリアなので雪面はピッカピカ。ただ余計な雪が無いので、スノーシューが気持ちよく雪面に食い込みます。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 白樺 尾根 雪庇

画面中央は雷電山ではないと思うけど、向こうの雪面もキレイですね。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー 9合目  岩内国際スキー場 白樺 尾根 

9号目到着。ここら辺の登山道は結構雪がとけていて岩も出ていましたね。

写真だけ撮ったら少し横にずれて雪のある所を歩いて行きます。山頂までもう少し。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー 岩内国際スキー場 白樺 尾根 

山頂手前、見た目は危険そうだけどそんなことはありません。雪もしっかりしており、崩れたり滑り落ちる心配も無しです。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー 岩内国際スキー場  尾根 

無事岩内岳山頂到着。9時30分なので、2時間ちょっとかかりました。

標識の奥には目国内岳がキレイに見えている、少し休憩してから下山しても午前中には終わってしまう、さらに今日は1日中快晴予報・・、と言うことで目国内岳まで往復することに予定変更。

元々この日に目国内岳に登る予定だったけど、スノーブリッジの有無が心配になって岩内岳に変更したと経緯があります。

岩内岳 目国内岳 スノーシュー 雪原 ニセコ 冬山 北海道 登山 絶景

と言うことで休憩取らずにそのまま目国内岳へ出発します。

ルートはまっすぐ下ってから少し右に回り込みながら、パンケメクンナイ湿原の北西側を歩いて行きます。

岩内岳 目国内岳 スノーシュー 雪原 ニセコ 冬山 北海道 登山 絶景

夏に目国内岳と岩内岳間を歩いたことは何度かあるけど、冬の方が断然いいですね。まるで雪の砂漠を歩いているような感じ。

無風で誰もいない雪原を歩くのが気持ちいい。

そう言えば先日スノーシューをメンテしました。と言っても大したことじゃなくて、つま先部分のデッキとバインディングの接合部分にあるクレスピンに三脚で使っているグリスを差しただけ。

ずっと変にこすれてアヒルかカモメのような鳴き声(クェ~クェ~)がしていたんだけど、それが無事無くなって静かに歩けるようになりましたw。

岩内岳 目国内岳 スノーシュー 雪原 ニセコ 冬山 北海道 登山 絶景 山頂 岩

雪原を歩いて目国内岳山頂へは北側から直登します。

ただ意外と山頂の岩が見えてこなくてようやくその姿が見えました。

岩内岳 目国内岳 スノーシュー 雪原 ニセコ 冬山 北海道 登山 絶景 山頂 岩 山頂

まるで岩の要塞のような山頂に到着。スノーシューのままよじ登っていきます。

岩内岳 目国内岳 スノーシュー 雪原 ニセコ 冬山 北海道 登山 絶景 山頂 岩 山頂

目国内岳山頂到着。10時30分なので約1時間かかりました。

こちらも風は弱く微風程度。足跡も無く一番乗りみたい。ちなみに岩内岳・目国内岳間もロンTのみで歩いてきました。

目国内岳 ニセコ連山 羊蹄山 前目国内岳 冬山 登山 北海道

周辺の写真を撮りながら少し休憩します。山頂の岩場から前目国内岳、そして一番奥の羊蹄山までキレイに見えました。

今回は山専ボトルとは別にポカリも500ml持ってきたけど、これからの季節なら夏場同様900mlでも良いかもしれませんね。

 

撮り終えたら大きな岩を背もたれ代わりにして体も休憩。しっかりと暖めたれた岩が心地いい。

目国内岳 岩内岳 積丹半島 快晴 冬山 登山 北海道

10分ほど休憩したのでそろそろ戻ります。

相変わらず岩内岳越しの積丹半島もクッキリ見えています。

岩内岳 目国内岳 スノーシュー 雪原 ニセコ 冬山 北海道 登山 絶景 足跡

この日は一応一日中快晴予報だけど、いつ天候が変わるかはわかりません。特にパンケメクンナイ湿原周辺は平地となり、もしホワイトアウトなどになりルートロスするようなことになったら危険なので、どんなときにもGPSは必須です。

いつも登山中の行動食にカロリーメイトを結構食べているけど、今回初めてっていうくらい口の中の水分を全部持って行かれました。

話には聞いていたんですけどね、まさかあんな状態になるとは思いませんでした。おかげで残り少ないお湯も飲み切ってしまい、下山時にはノドがカラカラに。いつもなら雪を食べて多少紛らわすけど、この時期の雪は汚かったりザラメ状だったりで食べる気がしない。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー 積丹半島

本日2回目の岩内岳山頂に到着。

なんか賑やかな声が聞こえると思ったら6名のパーティーが下山を開始したところでした。どうやらスキー場の方から下りるみたいですね。山頂からスキー場側最終リフトまでの下りって結構アイスバーンでカリッカリッなのでスノーシューでも慎重さが必要だと思います。

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 白樺 尾根 雪庇

自分は登りと同じく夏道を下りていきます。吹きっさらしのエリアはまだ雪質が固かったけど、樹林帯に入ると柔らかくなっていましたね。

またスキーで登ってきた3人組の女性ともスライドしました。スキーで滑るつもりなら雪が柔らかくなる昼近くじゃないと無理ですよね。

岩内岳 火事 野焼き 積丹半島 市街地 岩内町 

火事か野焼きか?

岩内岳 冬山 登山 北海道 スノーシュー バックカントリー スキー スノーキャット 岩内国際スキー場 白樺 尾根  駐車場

無事駐車場について山行終了。快晴だったので景色も良く楽しい山行となりました。

あと今シーズン何回山に行けるかな、天候見ながら楽しみたいと思います。

ではまた~。

 

MSR スノーシュー 冬山 登山 ストラップ サイズ 一覧 まとめMSRスノーシューのサイズ・重量・ストラップ一覧

Lightroom classi 便利 使い方 tips グリッド表示 黄金比 便利 テクニック ライトルーム adobe アドビ RAW現像 補正ブラシ ヒントLightroomの現像モジュールで使える便利な4つのショートカット&テクニック

関連記事

  1. 樽前山 登山 ゼブラ 馬の背 東山山頂 分岐 神社

    久しぶりの登山はやっぱり樽前山から(5合目ゲート…

    10連休のGW、樽前山に登ってきました。前回が1月3日なので約4か月振りとな…

  2. イチャンコッペ山 登山 北海道 山頂

    イチャンコッペ山 いつの間にか合目&山頂標識がポ…

    連日の猛暑日だしガソリンは高いしってことで、今回は近場のイチャンコッペ山に登…

  3. 銀泉台 登山 北海道 駐車場 紅葉 白雲岳 赤岳

    白雲岳 銀泉台から快晴の赤岳を通って紅葉ピストン…

    2日目は銀泉台から白雲岳までのピストンです。週末から交通規制となるのでこのタ…

  4. 幌尻岳 チロロ林道 登山 テント泊 北海道 百名山 北戸蔦別岳 ハイマツ帯 天気 

    幌尻岳(チロロ林道から北戸蔦別岳でテント泊)でス…

    今年の夏山登山で目標にしている幌尻岳に行ってきました。テント泊する北戸蔦別岳…

  5. ニペソツ山 幌加温泉コース 登山 2019年

    あきらめかけたその後に ニペソツ山(幌加温泉コー…

    ニペソツ山に登ってきました。十六の沢(杉沢)コースが崩落によって使えなくなっ…

  6. 十勝岳連峰 富良野岳 ガス 滝 オレンジ色 朝 ご来光 北海道 絶景

    十勝岳温泉登山口から美瑛岳-富良野岳のロング縦走…

    今回はチャレンジ山行として、十勝岳温泉登山口から上富良野岳に登って美瑛岳まで…

  7. 苔の回廊 楓沢 登山 ハイキング 絶景 観光スポット 支笏湖 ヤマレコ

    苔の回廊 楓沢から風不死岳は意外とハードだった

    先日苔の回廊と言われる楓沢の第一回廊まで歩いてみましたが、今回はその続きとし…

  8. 黒岳山頂

    黒岳 お鉢平一周(左回り)

    先週の土曜日、黒岳からお鉢平一周をしてきました。お鉢めぐりは初めてです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 恵庭岳 登山 北海道 紅葉 虹 支笏湖
  2. 樽前山 登山 紅葉 北海道 東山山頂
  3. ニセコアンヌプリ 登山 北海道 鏡沼
  4. 羊蹄山 喜茂別コース 登山 北海道

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。