menu

部屋の大掃除してたらMAMIYA RB67が出てきたのでご紹介

自粛期間中に部屋の大掃除をしていたら久しぶりにMAMIYA RB67が出てきたので紹介したいと思います。

このカメラは父方の兄からもらったもの。父親からも田舎の兄はカメラが趣味ということは聞いていました。数年後その兄が亡くなり葬儀に行った際、昔使ってたカメラがあるけどいるか?と言われ、とりあえず見せてもらうことに。

古い一眼レフでもあるのかなと思って待ってたら出てきたのがこのMAMIYA RB67。まさか中判カメラが出てくるとは思っていなかったので正直ビックリしました。

ちなみにRB67には他にRB67Pro SとRB67Pro SDがあります。ProSとSDはその機種名がレンズマウントの右上に表記されているはずなので、これはRB67でいいと思います。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD

よく見ると所々に小さな傷や使い込んだ跡も見られます。譲り受けてすぐにメンテナンスにも出したけど、特に故障個所も無くきちんと使うことができました。

その後はたまにお遊びで撮影していましたが、デジカメを使うようになるとフィルム代とその現像代がばかにならなくなり次第に撮影回数も減って行きました。とにかくゴツくて重たいですからね、撮影するのも大変です。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD ウエストレベルファインダー

ちなみにファインダーはカメラ上部にあります。ウエストレベルファインダーって言うのかな、普段は折りたたまれていて撮影する時にパカッと開くかたちとなります。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD ウエストレベルファインダー シャッター 引き蓋 

シャッターは真ん中のレバーをレンズ側に倒して、後ろの引き蓋を抜いて(外して)から右下にある銀のボタンを押せばシャッターが切れます。

シャッター音も「ガシャン」とメカメカしい味わい深い音がします。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD PD PRISM Finder 露出計 自動

RB67には露出計が内臓されていないので正確な露出を計るには露出計が必要となります。

初めのうちは自分でも露出計を購入して撮影時に使用していましたが、そのうち毎回計るのが面倒くさくなって購入したのが「PD Prism Finder」です。

これは電池が必要になるけど自動露出計が内臓されているので、一眼レフと同じようにファインダー内に露出が表示されます。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD PD PRISM Finder 露出計 自動 絞り シャッタースピード 

ファインダーののぞき方もま上から一眼レフと同じく横になり、手元で絞りとシャッタースピードの操作も可能です。まあカメラの重量はさらに増えますけどね・・。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD 交換レンズ 単焦点 MAMIYA-SEKOR C 50mm F4.5 Mamiya K/L 90mm F3.5 L Mamiya K/l 250mm F4.5 L-A

今自分が持っているレンズは3本。

左から
MAMIYA-SEKOR C 50mm F4.5
Mamiya K/L 90mm F3.5 L
Mamiya K/l 250mm F4.5 L-A

左端のMAMIYA-SEKOR C 50mm F4.5はボディと一緒に譲り受けたもの。ちなみに重量は約870gで、絞りは4.5-32、シャッタースピードは1/400-1秒となっています。

なお50mmのレンズは35mm換算すると約25mm相当なので広角レンズになります。

他の2本は自分が後から追加購入したものですが50mm含めどれも中判のレンズなので大きくて重たいですがその分解像感がすごく良いですね。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSDMAMIYA-SEKOR C 50mm F4.5 交換レンズ 単焦点 広角

50mmをボディにつけるとこんな感じ。

カッコイイ!

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSDMAMIYA-SEKOR C 50mm F4.5 交換レンズ 単焦点 広角 蛇腹 修理 感光 漏れ

ピントを合わせるのにレンズが前後すると蛇腹が動きます。

長く使っていたり古いものだとこの蛇腹に穴が開いていたりするそうですが、もちろんこのカメラは大丈夫。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD フィルムホルダー 120 ブローニー

 

使うフィルムはブローニーサイズのもの。フィルムホルダーも自分で買い替えました。

たしか撮影可能枚数は120のフィルムで10枚か12枚だったような。220ならその倍ですね。なのでデジカメのようにバシャバシャ撮ることができず1枚の撮影にすごく慎重になりますね。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD フィルムホルダー 120 ブローニー

当然フィルムを入れても自動で巻き上げたりしてくれないので、自分でセットしなくちゃいけません。

始めは戸惑うかもしれないけど、特に難しいことは無いですね。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD フィルムホルダー 120 ブローニー 6×7 

撮影時に引き蓋を外してからシャッターボタンを押しますが、シルバーの部分がそのままフィルムサイズ(6×7)となります。もちろんホルダーを買い替えれば6×4.5の撮影も可能です。

ちなみに縦位置の写真を撮りたい時はどうすると思いますか?。

一眼レフならカメラ自体を縦位置にしますが、中判カメラでは後ろのホルダーのみを回転させることができるのでそれだけを縦位置にして撮影します。

機種名のRBは「リボルビング・バック」の略となります。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD 富士フィルム ベルビア 120 ブローニー ロール

こちらがブローニーのフィルム、富士フィルムのVelvia(ベルビア)です。

とにかく発色が良くて鮮やか。緑が色濃くでるので風景写真と言えばこれってくらいみんな使っていましたね。

1本だけカメラバックの中に入っていたけど、箱に付いていた値札が530円でした。今はいくらなのか調べてみたけど1本では検索されませんね、販売していても5本パックなので、1000円/本って値段らしい。

 

ちなみに現像代は1本700円くらいなので、どちらにしても今フィルムで撮るって言うのは自分的にはほぼ無理ですね・・。

ビックカメラ写真サービス(価格・仕様)

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD ファインダー 見え方 左右反転

ではファインダーをのぞくとどのように見えるのか?

近くの公園にでも行こうかと思いましたが、それだとある特徴がわかりづらいので結局家で行うことに。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSD ファインダー 見え方 左右反転

ある特徴とは左右が反転してファインダーに映るということ。天地(上下)は変わらないですけどね。なので左右の位置調整などはちょっと手間取ることになります。あぁ逆に動かさなきゃダメだったんだみたいな・・。

それにしてもファインダーがきれいで見やすいのは周りが囲われていて暗くなってるからですかね。ファインダーの大きさ自体は6.5×7cmくらいなので、5dmk3の背面液晶(5×7cm)と大きくは変わりません。

あと違いがあるとすれば、RB67の方はレンズを通った光をそのまま見ているということ。5Dmk3は背面液晶なのでデジタルの画像を見ていることになるのでその違いが大きいのかも。

なおピントをしっかり合わせたい時はレンズ側の囲いについているルーペを使います。ルーペはが折りたたみ式になっておりワンタッチで跳ね上がる仕組みになっています。

MAMIYA RB67 中判カメラ ProS ProSDMAMIYA-SEKOR C 50mm F4.5 交換レンズ 単焦点 広角

完全なアナログ&機械式カメラですが、フィルムホルダーをデジタルバックに変えればデジカメとして使用することも可能です。

マミヤやPhase Oneから出ていますがまあ買えたとしてもとんでもない金額なので当然無理。ただindiegogoでちょうどマミヤのRBやRZ67、ハッセル等の中判カメラに使えるデジタルバック「I’m Back MF」を販売しているのを発見しちゃいました。

I’m Back MF

写真だけでなく動画も撮れたりするらしいけど価格は約5万円・・、このための10万円給付なのかとも思ったり(ただ代金は海外に支払われるけど)。

でも画質がどうなのかなっていう心配がありますね。RB67をただデジカメとして使えればいいってわけでもないし、ファインダーをのぞいた時に感じられるあの雰囲気が撮れないなら買っても無駄だろうし。

I’m Back MFを購入するかは要検討ですが、とりあえず久しぶりに取り出したRB67をきれいにメンテナンスだけはしておこうかな。

ではまた~。

お菓子作り ワッフル ホットサンドメーカー ホットケーキミックス #stayhome チョコレートソース ハーシーズ もちもち 無着色 無香料ワッフル作りと森彦のコーヒーを楽しみながら花を撮って過ごす#stayhome

LOWA TICAM ローワ ティカム 登山靴 ソール交換 ラバー 目安 費用 秀岳荘 ビブラムLOWA TICAMの登山靴をソール交換をした

関連記事

  1. sirui(シルイ) 自由雲台 k-20x

    SIRUI(シルイ) の自由雲台 K-20X を…

    SIRUI(シルイ)のK-20Xを購入しました。自由雲台を購入するのは初めて…

  2. Canon EOS 50Dが手に入った!

    年明け早々朗報ですw。この度、伯父が使っていたCanon EOS 5…

  3. CASE RELAY

    星空タイムラプスのバッテリー切れ対策にCASE …

    CASE RELAYを購入しました。タイムラプスをやっている人なら、…

  4. マンフロット XUME マグネット フィルター ケラレ ワンタッチ 付け方

    マンフロット XUMEマグネットフィルターが便利…

    みなさんフィルターって使ってますよね。自分も海で撮影することが多いの…

  5. キャノン 修理 費用 g7xmk3 コンデジ

    修理に出したCanon G7Xmk3が戻ってきた…

    先日風不死岳でご来光登山をした時に不具合を起こしたコンデジ(G7Xmk3)を…

  6. PROTAGE レンズヒーター

    夜間撮影や寒冷地でのレンズ結露・夜露を防止 PR…

    レンズヒーターを購入しました。理由は、前回の石狩灯台でのタイムラプス撮影時に…

  7. K&F Concept フィルターケース 4枚用 77mm フィルターポーチ

    K&F Concept フィルタケース…

    今後の山行も考えてフィルターケースを購入しました。プラスチックケースのまま持…

  8. バッテリーパック RAVPower LP-E6 LP-E6N 互換バッテリー microUSB 急速充電

    micro USBでモバイル充電できる LP-E…

    CANON EOS 5Dmk3に使用しているバッテリーを追加購入しました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 樽前山 登山 北海道 タルマエソウ 高山植物 イワブクロ 花
  2. ヒサゴ沼 天人峡コース テント泊 避難小屋泊 雪渓
  3. トムラウシ山 登山 テント泊 ヒサゴ沼 北沼 北海道 登山
  4. 登山 北海道 テント泊 トムラウシ山 チングルマ 天人峡コース ヒサゴ沼

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。