menu

夕張岳 花の百名山はシラネアオイが咲き乱れていた

夕張岳に登ってきました。

昨年初めて登った時には終始ガスっていて山頂も暴風だった為、天気のいい時にまた登りに来たいなと思っていたんですね。

ガスったり晴れたりと言った天気でしたが、花の百名山とも言われるその一面を見ることができました。

夕張岳 登山 シューパロ湖 白眼橋 登山 北海道

夕張岳の登山口には、シューパロ湖の白眼橋から鹿島林道を通って向かいます。数日前に土砂崩れがあって一時通行止めになっていましたが今は解除されています。

30分ほどかかって駐車場に到着しましたが、停まっていた車は1台のみ。準備中に2台来ましたが、思ったほどの混雑具合ではありませんでした。

夕張岳 登山 北海道 冷水コース カウンター

準備して出発します。

夕張市側の登山コースには「冷水 (ひやみず)コース」「馬の背コース」の2種類ありますが、前回馬の背コース→冷水コースで歩いたので、今回は冷水コースから登ります。

駐車場から5分ほど歩いて冷水コース入り口に到着(馬の背コースはさらに奥)。それぞれのコース入り口には利用者数を計測するためのカウンターが設置されているので一押ししてから出発します。

夕張岳 登山 北海道 冷水コース カウンター

前回冷水コースを下りで歩いた時に感じたのはダラダラと長いこと。逆に登りで使ってもダラダラと長かったw。樹林帯なので景色も変わらずっていうのが理由の一つかも。

ガスっているから湿度も高く汗をダラダラと流しながら登っていきます。

夕張岳 冷水コース 馬の背コース 合流地点 登山 北海道

1時間ほどで馬の背コースとの合流地点に到着。

今までにないくらいの発汗量で自分でもビックリ。いつものポカリ900mlとプラティパスに2Lの水を持って来ているので水は足りるはず。小まめに水分補給しながら先に進みます。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 シラネアオイ 群生地 石原平

夕張岳は花の百名山と言われていますが、「北海道の山岳にあるほぼ全ての高山植物が見られる(wiki)」らしい。

そんな中今時期に咲きほこってたのがシラネアオイ。馬の背コースとの合流地点以降、どこを見てもシラネアオイが咲いていました。

特に看板のある石原平周辺は本当に群生しており見事でした。これを見られただけでも今回来た甲斐があったかな。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 岩場

シラネアオイの群生で楽しく写真も撮った後は岩場を登りながら先を進みます。

ロープも設置してくれているので問題もないでしょう。

夕張岳 登山 北海道 展望台 

1時間40分ほどで望岳台に到着。目の前にある山に名前は無いようす。天気が良ければ芦別岳や樽前山なんかも見えるらしいけど、それはまた次回ですね。

ちょっと汗をかき過ぎて少し消耗気味、山頂で食べる予定のパンケーキ(2枚入り)を1枚食べてエネルギー補給します。

夕張岳 登山 北海道 笹かぶり 山道

傾斜的にキツイのは山頂直下を除けばここまで、あとは比較的緩やかな道のりとなります。

望岳台までで樹林帯も終わります。その代わり笹かぶりがちょっとうるさいのと足元が見えずらいので注意は必要です。

夕張岳 登山 花の百名山 北海道 シラネアオイ

花の百名山なのでシラネアオイ以外にもたくさんの花が山道脇に咲いています。

ただ小さい花が多いのでコンデジではなかなかピントを合わせるのが難しくほとんどスルーしてます・・。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 憩沢

憩沢に到着。左奥に進みます。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 木道 湿原

ここら辺の湿原ももう少ししたら色とりどりの花が咲くんでしょうね。

今はまだその時期じゃないので、1か月後くらいに来たらいいのかな。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 釣鐘岩 山頂 雪渓

ようやく山頂が見えてきました。まだ結構距離ありそうだけど実際に歩けばそれほどの距離ではありません。

手前の小さめの山が釣鐘岩ですね、その横の雪渓を登っていきます。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 吹き通し ロープ 山頂

雪渓を越えて少しあるけば吹き通しに到着。前回はスゴイ風だったけど、今回はほぼ無風でした。

この道の両脇にユウバリソウがたくさん咲いていましたね。シラネアオイ以外は下山時に少し撮って帰りました。

夕張岳 北海道 登山 花の百名山 神社 山頂 

吹き通し後のキツイ登りを頑張って神社に到着。ここら辺にはエゾノハクサンイチゲやハクサンチドリ、ウコンウツギがキレイに咲いていました。

先行者はすでに山頂から下りてきたらしくごはんの準備中。自分もとりあえず山頂に向かいます。

夕張岳 山頂 登山 花の百名山 北海道

無事山頂到着。雲が多くて見晴らしはそれほど良くないけど、前回の爆風+ガスで視界ゼロと比べたら全然OK。

ただ時期的に虫が多かったので先行者同様、神社前で休憩することにします。本当は山頂でゆっくり景色見ながら休みたかったけど。

夕張岳 登山 北海道 ユウバリソウ 高山植物 花の百名山

山頂から下りても虫が多いので残りのパンケーキ1枚と水分補給を済ませたら10分ほどで下山開始します。

登りの時に撮らなかった吹き通しに咲いていたユウバリソウ(固有種)をパチリ。

夕張岳 登山 花の百名山 北海道 ミヤマアズマギク チングルマ 高山植物

他にもミヤマアズマギクやチングルマ、ミヤマオダマキ等もたくさん咲いていました。

花好きな登山者には最高の山でしょうね。

夕張岳 登山 山道 木道 雪渓 花の百名山 北海道

釣鐘岩横の雪渓あたりからたくさんの人とスライドしました、20人くらいはいたんじゃないかな。

山頂は晴れたりガスったりなのでタイミング次第ですが、ガスの動きが速いので少し待てばいい景色は見られたと思います。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 シラネアオイ 群生地

下山時にもシラネアオイの群生を撮って帰ります。

夕張岳 登山 北海道 花の百名山 ダケカンバ

樹林帯に入るとまたガスの中へ。

夕張岳 登山口 駐車場 花の百名山

帰りも冷水コースから下りて駐車場に到着。6時出発で12時に下山なので前回と同じ山行時間でした。

今回はシラネアオイのピークに当たったけど、次回は湿原に花が咲いている時期に来たいですね。どんな景色になるのか楽しみです。

あと南富良野側からの金山コースもありますので、そちらからもいずれは登ってみたいと思います。

ではまた~。

樽前山 雲海 支笏湖 紋別岳 932樽前山 雲海&ガスの中を外輪一周の山行

イチャンコッペ山 ポロピナイ展望台 駐車場 登山口 支笏湖 北海道イチャンコッペ山 ガスガスで支笏湖も見えない天気の中登ってきた

関連記事

  1. 目国内岳 ニセコ連山 羊蹄山 登山 雲海 絶景 北海道 登山

    目国内岳 ガスから晴天、雲海と変わる中、ニセコ連…

    今回はニセコの目国内岳に登ってきました。道東方面がかなり高い気温になりそうだ…

  2. オプタテシケ山

    オプタテシケ山(望岳台から)

    お盆休み2日目。今日は望岳台からオプタテシケ山へのピストンです。…

  3. 恵庭岳 紅葉 登山 北海道 つっかえ棒 突っ張り棒

    涼しくなったので秋の恵庭岳を登ってきた。なんでつ…

    前回恵庭岳に登ったのはほぼ真夏日に近かった7月末。暑さにやられてヘロヘロにな…

  4. 旭岳スキーコース 樹氷 絶景 モンスター 雪原 北海道 冬山 登山

    旭岳スキーコースを歩いて姿見駅まで登ったら樹氷が…

    先日旭岳山頂に登ってきましたが、その時にやり残したことがいくつかあったので、…

  5. 風不死岳からの樽前山

    風不死岳 ご来光登山

    2017年1月3日早朝、風不死岳へご来光登山に行ってきました。前回の…

  6. 樽前山 西山 ダケカンバ 登山 新緑

    快晴とガスガスの風不死岳-樽前山

    日曜日、早朝から風不死岳-樽前山を登ってきました。樽前山は先週も登っ…

  7. 1175ピークから漁岳

    漁岳 ご来光登山敗退(1175ピークまで)

    先週末は金曜日の夜中から、漁岳にご来光登山に行ってきました。仕事を終…

  8. 岩内岳 目国内岳 スノーシュー ニセコ連山 羊蹄山 前目国内岳 ニセコアンヌプリ チセヌプリ ニトヌプリ 冬山 登山 絶景 北海道

    岩内岳から目国内岳までスノーシューで登り絶景のニ…

    快晴予報の1日だったので岩内岳と目国内岳に登ってきました。特に岩内岳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 樽前山 ご来光 登山 奥宮 ガス 雲海
  2. ニセコ 白樺山 シャクナゲ岳 登山 北海道 岩内町
  3. ニセコ イワオヌプリ 登山 北海道 ピンクテープ 直登
  4. 樽前山 溶岩ドーム 噴煙 サンセット登山 西山 北海道
  5. 松仙園登山道  草紅葉 二の沼 三の沼 アカエゾマツ 湿原 沼の平 愛山渓温泉
  6. 銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳
  7. 大雪山 愛別岳 愛山渓温泉 分岐 北海道 登山 稜線
  8. 岩内岳 雷電山 いわないリゾートパーク ニセコ連山 羊蹄山 目国内岳 登山口 駐車場 北海道 絶景

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。