menu

十勝岳温泉登山口から美瑛岳-富良野岳のロング縦走 2-2

上富良野岳温泉登山口から美瑛岳-富良野岳のチャレンジ山行。

前半の美瑛岳までは好天に恵まれ楽しい山行でしたが、折り返しは一気に天候が崩れてしまいました・・。

美瑛富士 十勝岳連峰 縦走 北海道

美瑛岳山頂は風が少し強めで冷たいのでウィンドブレーカを着ることに。

登山靴も脱いでリラックス。プロテインバーを食べながら周りの風景を楽しみたいけど、隣の美瑛富士が見えるだけでその奥にあるオプタテシケもトムラウシもガスで見えません。

もっと天気が良くなると思ってたんだけどなぁ。

ポカリも残り少ないので飲み干して、粉で新しいポカリを作ります。

十勝岳連峰 美瑛岳 チングルマ 高山植物

20分ほど休憩してから出発します。

いたるところで咲いていたチングルマ。このかわいい花があんなフサフサな形に変わるのが面白い。

十勝岳へ戻る道で10人くらいとはすれ違ったかな、結構このルートを使う人っているんですね。でも美瑛岳側から行く人はどれくらいいるのかなw?

美瑛岳 十勝岳連峰 火山灰 蟻地獄ゾーン 登山 北海道

岩場を少しずつ下って行き再び蟻地獄ゾーンを登っていきます。1歩踏み込むたびに0.5歩くらいは沈んでロスしてそう。

そしてこのゾーンに入ったあたりから風が強く吹き、ガスも濃くなってきました。

十勝岳連峰 美瑛岳 雨裂 ガス 蟻地獄ゾーン 縦走

気温計は約10度。風が強いので体感はさらに低いはず、吐く息も白くなっています。

美瑛岳で休憩中に来ていたウィンドブレーカは出発するときには脱いでいるので今はロンT1枚のみ。この雨裂横を登り切って平坦な場所に出たら着ようか迷うけど、歩いている限りは大丈夫と判断して十勝岳まではこのままで行くことにします。

美瑛岳 登山 十勝岳連峰 ガス 真っ白 ルートロス

行きでは青空が見えていたけど今はガスで視界も悪くなっています。

それでも目印があるので迷うことはありません。

十勝岳 ガス 山頂 美瑛岳 縦走 北海道 登山

十勝岳が見えてきました。とりあえずひと息つけそうです。

十勝岳 山頂 ガス 北海道 縦走

本日2回目の十勝岳。さっきはあんなに青空で快晴だったのに・・。

足を止めるとさすがに寒いので、ウィンドブレーカを来て2個目のお餅休憩。

こんな天気でも十勝岳には次々と人が登ってくるようです。

十勝岳連峰 縦走 避難小屋 上ホロカメットク山 迂回路 登山 北海道

10分ほど休憩してから上ホロに向かいます。

ガス&強風の中を下っていきますが、避難小屋が近づくにつれガスは消えて風も弱くなりました。着ていたウィンドブレーカもここで脱いでザックにしまいます。

ガス&強風が続くようなら上富良野岳のから下りることも考えたけど、このまま富良野岳まで行けそうです。

十勝岳連峰 上ホロカメットク山 山頂 縦走 北海道

上ホロに到着。行きと同様に迂回はせずに直登しました。迂回路はダラダラと登りが続くのが苦手、斜度がきつくても短時間で登り切れる方が個人的には好みです。

十勝岳連峰 縦走 上富良野岳 ガス 

続いて上富良野岳へ。

山頂には結構な数の人がいるようです。富良野岳から歩いてきた人、登山口から登ってきた人、そして登山口へ戻る人たちですね。

まだ12時前なので登ってくる人たちも日帰りが多そうですね。

上富良野岳 山頂 かみふらの岳 登山 縦走

上富良野岳山頂到着。空は雲っているけど、遠くの富良野市街は晴れているようす。

ここで2個目のおにぎり休憩とポカリも飲んで減った分を水で補充します。少し薄まるけど飲めれば問題無し。

それにしても登山口からどんどん人が上がってくる。目に見えるだけでも10人以上はいますね。大きいザックを背負っている人もいるので避難小屋でテント泊するのかな。

三峰山 十勝岳連峰 縦走 北海道

残すは三峰山と富良野岳の2つ。

まずは三峰山へ向かいます。上ホロカメットク山、上富良野岳みたいに急登で一気に登る山とは違ってずんぐりと大きな山の印象です。

エゾノツガザクラ 高山植物 ピンク 三峰山 

ハイマツ帯を歩いて行きますが足元にはピンク色でかわいいエゾノツガザクラ。この花もチングルマ同様に色んなところに咲いていましたね。

十勝岳連峰 三峰山 縦走 ハイマツ 登山 北海道

一つ山を登ったと思ったらもう一つ。この山の山頂が三峰山です。

三峰山 ナキウサギ 登山 北海道

三峰山山頂到着。

山頂直下の岩場にはナキウサギの巣があるらしく、女性が1人カメラを持ってその姿を探していました。

ただ鳴き声が全く聞こえてこなかったので撮れただろうか。

十勝岳連峰 登山 山道 北海道

特に休憩することも無く先へ進みます。

が、なんかそろそろ歩くこと自体に疲れてきた・・。体の疲労っていうよりメンタルの方ですかね。まあ弱音吐いても仕方ないので最後の富良野岳を目指します。

富良野岳 分岐 ガス 登山 花の百名山 北海道

40分ほどで富良野岳の分岐に到着。

上はガスガスで風も強そう。実際下りてくる人たちはみんなジャケットを着て下りてきています。

いよいよ最後の山、少し休憩してから頑張ります。

富良野岳 花の百名山 ガス 登山 北海道

思ったより風が強くて思ったより距離があった・・。分岐には富良野岳まで0.8kmってあったんだけどね、もっとあるんじゃない?

そろそろ山頂じゃなかったっけってところから2つくらい先がありました。

でも上を見れば真っ白だけど、足元を見て歩けば山道脇にエゾノハクサンイチゲやエゾコザクラが咲いており目を楽しませてくれました。

富良野岳 山頂 真っ白 ガス 花の百名山

で最後の富良野岳山頂に到着。ここまで頑張ったにもかかわらず真っ白・・w。まあ仕方ないですね、登る前から予想できていたし。

13時30分頃に到着したので登山口からここまで約9時間かかりました。とりあえず小休止です。

エゾノハクサンイチゲ 原始が原 高山植物 花の百名山 富良野岳 北海道 登山

ずっと山頂にいても景色は変わらないだろうからさっさと下りることにします。

で、下りるにしたがって風も弱くガスも取れ始めました。

次第に原始が原も見え始め、まさかと思って山頂を振り返ればしっかりと見えているw。

あと15分くらい山頂待機していたら晴れていたと思うけど、あの状態でそんなに山頂にはいられないので仕方ないですね。いい景色はまた次回です。

富良野岳 登山 階段 花の百名山 十勝岳

十勝岳方面もだいぶガスが取れてきたようです。

このまま分岐に下りて飲んだ分の水を補充してそのまま登山口に向かいます。あとは下山のみ。

富良野岳 下山 花の百名山 登山 北海道

もう先を急ぐ必要ないので前の人のペースに合わせて下りていきます。

ただ全く風が吹かないので蒸し暑いのがつらい所です。

エゾイチゲ 富良野岳 花の百名山 登山 高山植物 

 

ゆっくりなので花があれば撮ったりしながら歩いて行きます。これはエゾイチゲであっているかな?

富良野岳 登山道 雪渓 残雪 北海道

あとは雪渓を越えて、上ふ・富良野岳分岐を過ぎればもう少し。

十勝岳温泉登山口 渡渉 北海道 

最後の渡渉をしたら、また長くて暑い砂利道を登山口へダラダラと歩いて戻ります。

十勝岳温泉登山口 駐車場 トイレ 北海道

無事駐車場に到着して長かったチャレンジ山行終了です。

4時15分に出発して、15時30分に戻ってきたので歩いたのは約11時間。次回もやるなら美瑛富士も加えたいですね、+1.5時間くらいでいけるかな。

まあそんなに激しい高低差があったわけではないけど11時間歩けたっていうのは自信になるかな。とりあえずサウナ・水風呂でゆっくり疲れを取りたいと思います。

ではまた~。

十勝岳連峰 富良野岳 ガス 滝 オレンジ色 朝 ご来光 北海道 絶景十勝岳温泉登山口から美瑛岳-富良野岳のロング縦走 2-1

芦別岳 登山 北海道 新道コース 急登 雲峰山初めての芦別岳 ガスガスの天気の中を新道コース登山口からピストン

関連記事

  1. トムラウシ山 星景 南沼キャンプ指定地

    トムラウシ山 2テント泊3日(ヒサゴ沼・南沼) …

    起きたのは3時。起床予定は2時30分。寝坊しましたw。慌ててテントか…

  2. 樽前山 サンセット登山 北海道 溶岩ドーム 9月 噴煙

    微妙だったけどサンセット登山で樽前山(お花畑コー…

    最近のヤマレコやブログのサムネイルが緑一色な為、色みに変化をつけるべく夕日目…

  3. 暑寒別岳 登山 北海道 増毛山塊 暑寒荘 駐車場

    暑寒別岳 暑寒荘からスノーシュー&素手…

    今回は暑寒別岳に登ってきました。昨年の秋に初めて登りましたがその時はガスガス…

  4. 神居尻山 登山 当別町 道民の森

    2019年初神居尻山(Bコース→Cコース)

    週末の土曜日、神居尻山に登ってきました。2018年には何度も登って好…

  5. 石狩岳 音更山 シュナイダーコース 北海道 登山 トレッキング

    はじめての石狩岳と音更山(シュナイダーコースピス…

    今回は石狩岳に登ってきました。本当は先日登ったニペソツ翌日に登るつもりでした…

  6. 北戸蔦別岳 戸蔦別岳 幌尻岳 チロロ林道 千呂露川・二岐沢コース 登山口 北海道 山頂

    チロロ林道から北戸蔦別岳

    幾つか立てた今年の山登りの目標のうちの一つが幌尻岳に登る事。登山ルー…

  7. 藻琴山 樹氷 日の出 冬山 登山 道東 北海道

    藻琴山で朝景+樹氷目指してスノーハイク

    3日間ほど道東をウロチョロしてきましたが、札幌と違って晴天率が高いので3日通…

  8. 大雪山 愛別岳 愛山渓温泉 分岐 北海道 登山 稜線

    愛別岳-当麻岳-沼の平 愛山渓温泉登山口から周遊…

    広い大雪山系の山で登っていないのが愛別岳と当麻岳、そして桂月岳の3つ。そこで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 豊平川 ランニング お花見 北24条桜大橋 豊平川桜の杜 札幌市 菊水元町
  2. タカギ ラクロック蛇口アダプター 散水ホース ジョイント ネジ止め
  3. 豊平川 土手 ランニング 雪捨て場
  4. 自転車 タイヤ 虫ゴム パンク

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。