menu

銀泉台から旭岳 紅葉期の車両交通規制前にと思って行ったけど・・

天気予報では快晴だったので銀泉台からお鉢周りをする予定でしたが、赤岳まで登ったらガス&強風のため旭岳のピストンとしました。ちょっと消化不良な山行です。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳

銀泉台から登るのは2回目、前回は2016年7月に白雲岳避難小屋でのテント泊の時でした。久しく登っていなかったので紅葉期のマイカー規制が入る前に行くことに。

ちなみに銀泉台&高原温泉の令和2年の規制は「2020年09月12日(土曜日) 〜2020年09月27日(日曜日)」となっています。

令和2年度マイカー規制 上川町HP

前日は層雲峡駐車場で車中泊。朝5時スタートの予定なので、逆算して朝3時30府に起床、朝食後に銀泉台に向かいます。駐車場手前に少し開けた場所があって、そこから見える山並み。空もオレンジ色になって快晴の予感です。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳

停まっていた車は1台のみ。出発の準備をしますが車の気温計は4度、ただ風が無いためかそれほど寒くは感じませんでした。

予定通りですが、奥に見えているオレンジ色に染まった山肌に急かされるように登山口を5時に出発します。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 ニセイカウシュッペ山

林道を歩き上り始めてすぐに見えるのが、銀泉台と言えばこの景色!と言う風景。今回は朝日に染まっているけど紅葉時期なら赤く染まっているはず。ちなみに奥に見えているのはニセイカウシュッペ山ですかね。

景色を楽しみながら登っていきます。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 

キレイに整備された山道を通って第一花園へ。まだこの時は快晴予報を信じていますw。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 第二花園 ペンキ

第一を通り過ぎて第二花園へ。見落とすことが難しいくらいの黄色ペンキ。足元注意で登っていきます。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 チングルマ 花

岩場を登り切ったら奥の平へ。まだまだチングルマもフサフサの状態で粘ってくれています。

振り返れば山並みに雲の切れ間から筋状の光がいくつも降り注いでいます。なかなか素敵な朝の景色です。空気もヒンヤリとして気持ちいいし、歩くのが楽しくなります。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 コマクサ平 花

コマクサ平に到着しましたが、さすがにコマクサの季節は終わっているので期待せずに歩いて行きます。朽ちかけのでも見られたらラッキーって感じ。

それよりも空の雲との距離が近づいていることが気になります・・。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 コマクサ平 花 女王

決してキレイじゃないけど、残っていてくれたことに感謝ですね。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 奥の平

ここを登り切れば赤岳、上空はガスに覆われていますが気にせず登っていきます。

それにしても気温が低いのでほとんど汗をかかずに登れています。ポカリも一口飲んだだけだし、やっぱり涼しい山っていいですね。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳

登り切ったところから一気に風が強くなりましたが、赤岳に到着。ガスの動きが早くてたまに青空も見えました。

このままガスを運んでくれればいいんだけど・・。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 小泉岳 

休憩を取ることも無くこのまま次の小泉岳を目指します。たまに薄くなったガスの向こうから太陽が顔を出すけど、今日は1日こんな天気なんだろうなと思い始めます。

思った以上に風が強くて少し寒いけど、とりあえずこのままで歩くことに。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 小泉岳 白雲分岐

ゆるい登りを越えると今度は下り。どうもこういう足元に岩がゴロゴロしている道は歩きにくくて苦手です。

時間的にもだれもまだ通らないのでただ一人、白いガスの中を歩いて行きます。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 白雲岳分岐 避難小屋

小泉岳もスルーして白雲岳との分岐に到着。もし時間があれば帰りに白雲岳に寄るつもりだったけど、この天気が続くようなら無理そうかな。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 白雲岳分岐 雪渓 北海岳 烏帽子岳

白雲岳分岐から北海岳を目指します。このルートを歩くのもかなり久しぶり、あまり記憶が無いのでもしかしたら前回のテント泊の帰り依頼かも。

本来なら奥に烏帽子岳が見えるはずだけどガスでその姿は見えず。いつも白雲岳にゼブラ雪渓を見に行く際に見かける雪渓もだいぶ溶けて小さくなっていますね。

あとここら辺は白雲岳が風をブロックしてくれるので比較的歩きやすくて助かります。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳

大きなベンチがある途中の休憩スポットも晴れていたら休みたかったけど、ガスガスなのでそのまま北海岳へ。

ガスの向こうに北海岳が見えてきました。足元には小さな川。雨は降っていないし雪渓があるわけでもないけど、地面からしみだして流れを作っています。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 北海岳

北海岳到着。当然真っ白で何も見えず・・。さてここからどうするか?予定通り黒岳方向からぐるっとお鉢周りをするか、それとも旭岳のピストンにするか。

結局風がかなり強いことから旭岳のピストンにすることにしました。風が無ければお鉢周りでもよかったけど、この風の中だと結構しんどそうなので。

と言うことでポカリ一口飲んだら、旭岳分岐を目指します。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 旭岳分岐

風が強いのでガスがサッと消える時があるけど、それもほんの一瞬の事。そのガスが薄くなった時を狙って写真もなんとか撮っていきます。

まだウィンドブレーカーは着ずにロンTのまま。登り基調なので熱くなる体をイイ感じに冷やしてくれます。手袋しているのも大きいかな、していなかったら手がかじかんで寒さを感じていたと思います。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 旭岳分岐 有毒温泉

有毒温泉もガスが無くなった時にとりあえず撮っておきます。ただこの後ここまでガスが取れることは無かったかな。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 旭岳分岐

旭岳との分岐に到着。ここはまだ風が強いけど、もう少し下って行けば風も弱まるはず。

いつもは必ずと言っていいほど誰かが休憩していたりするけど、今日はまだ誰ともスライドしていません。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 旭岳分岐

真っ白でいつも見えているはずの旭岳は見えません。遠くから熊鈴の音が聞こえて、ようやく一人の男性とスライドしました。

ガスガスで旭岳との距離がイマイチつかめません。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 旭岳 裏旭キャンプ指定地

で、気づけばガスの向こうにぼんやりと旭岳。旭岳のおかげで風も弱くなって歩きやすくなりました。

山頂に向かう前に裏旭キャンプ指定地でおにぎり休憩することにします。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 旭岳 裏旭キャンプ指定地

一番手前のサークルで休憩。さすがに歩くのを止めると寒くなってくるのでウィンドブレーカーを着ておにぎりを食べます。

ここまでで約4時間弱、暑くないので疲労感も無く歩いてこれました。山頂方向からは熊鈴の音がいくつか鳴りながら近づいてきています。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 旭岳

山頂を目指しますが掘れて足元が崩れやすい所は歩かずに少し固くなっている斜面を登っていきます。掘れているところは下山時に使った方が個人的には歩きやすいかな。

直登箇所を越えてジグを切るようになれば山頂はすぐそこです。地面も固くなってさらに歩きやすい。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 旭岳

旭岳山頂に到着、4時間20分かかりました。山頂は風が強く、また何も見えないから撮るものもないのでこのまますぐに下山します。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 旭岳分岐

ここからは来た道を戻るだけ。天気が良くなることは無さそうですね。

旭岳に登るときにスライドした女性が裏旭キャンプ指定地でテントを張っていました。明日も快晴予報なのできれいなご来光が見られたらいいな。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 北海岳 行動食 プロテイン

北海岳まで戻ってきてお菓子タイム。プロテインバーがコンビニで売っていなかったので違うプロテイン系のやつ。

気温が低かったからか結構固くて食べるのが大変だったw。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳

北海岳から白雲岳分岐に戻るまでには結構深く掘れている個所がいくつかあります。その分強風を防いでくれるのでかなりありがたい。

周辺にはお花畑も広がっていてチングルマもかなりの数が風に揺れていたし、ウラシマツツジもだいぶ赤く色づき始めていましたね。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 白雲岳分岐 雪渓 北海岳 烏帽子岳

行きにガスガスで見えなかった烏帽子岳が見えていました。でもこの後すぐにまたガスの中へ・・。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 白雲岳分岐 避難小屋

白雲岳の分岐まで戻ってきました。ザックがひとつデポされていたので白雲岳へ向かった人はいるようす。テント泊装備だったので避難小屋に泊まったのかな。

ただ白雲岳はもちろん緑岳方面も視界は望めそうも無いので、自分は行くことを諦めて銀泉台へ向かうことにします。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 お鉢周り 旭岳分岐 チングルマ

小泉岳を越えて赤岳へ下る途中にもチングルマのお花畑が広がっています。お花の季節にも来てみたいですね。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 奥の平

赤岳をスルーして銀泉台へ下って行きます。ここら辺で3組くらいとスライド。赤岳ピストンか、黒岳から下りるのかな。

多少泥濘っぽい所はあるけどそれほど登山靴を汚すことなく下って行きます。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 奥の平 ナナカマド 実

いつものように下りは花を見ながら歩いて行きますが、種類が見られるのは奥の平あたりから。

ナナカマドは実をつけているけど、まだ葉は緑色のまま。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 奥の平 ウメバチソウ 花

ウメバチソウやミヤマリンドウ、ハクサンチドリなんかもまだ咲いていました。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 

奥の平あたりでガスの下まだ下りてきたみたい、やっぱり上だけだったんですねガスってのは。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳 

駐車場も遠くに小さいけど見えてきました。スライドした人の数と比べると思ったより車があるかな。もうちょっと望遠側が欲しい。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳

あとはコマクサ平、第二花園、第一花園を通って下るのみ。まだまだ緑一色って感じだけど、今年の紅葉はどうなのかな。

銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 赤岳

林道を歩いて登山口に到着。13時50分だったので約7時間弱の山行でした。

景色は残念だったけど久しぶりに登って楽しい山でした。やっぱり来年は花の季節に来たいですね。

実際の山行タイムは下記ヤマレコをご参照ください。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2545576.html

ではまた~。

大雪山 愛別岳 愛山渓温泉 分岐 北海道 登山 稜線愛別岳-当麻岳-沼の平 愛山渓温泉登山口から周遊

松仙園登山道  草紅葉 二の沼 三の沼 アカエゾマツ 湿原 沼の平 愛山渓温泉松仙園(沼の平) 2006年から14年ぶりに復活(愛山渓温泉登山口から)

関連記事

  1. 樽前山 登山道 溶岩ドーム 西山 逆光 高山植物 朝日 北海道

    樽前山 東山山頂から奥宮、西山、932、お花畑を…

    タイトル通り樽前山をぐるっと周遊してきました。まだ6月が始まったばか…

  2. トムラウシ山 南沼キャンプ指定地

    トムラウシ山 2テント泊3日(ヒサゴ沼・南沼) …

    ヒサゴ沼の夜は終始曇りで月も出ないまま夜明けへ。晴れが予想されるなら…

  3. 神居尻山 登山 北海道 タニウツギ Bコース

    神居尻山 満開のタニウツギを見ながらB-Cコース…

    今回は神居尻山に登ってきました。本当は別の山に登るつもりでしたが寝坊してしま…

  4. イチャンコッペ山 登山 北海道 山頂

    イチャンコッペ山 いつの間にか合目&山頂標識がポ…

    連日の猛暑日だしガソリンは高いしってことで、今回は近場のイチャンコッペ山に登…

  5. 蓬莱山 中山峠 北海道 山スキー 登山 冬山 樹氷

    蓬莱山(中山峠) 真っ白過ぎて・・

    今回は蓬莱山に登ってきました。ここも前から気になっていた山で今回が初めてにな…

  6. 苔の回廊 楓沢 風不死岳 登山 北海道

    苔の回廊 楓沢-風不死岳 深緑と新緑を満喫しなが…

    今回は久しぶりに楓沢から風不死岳へ登ってきました。このルートは2回目ですが、…

  7. やっぱり初登り?は樽前山(5号目ゲートスタート)…

    10連休のGWもあと数日。快晴予報の5月4日(金)は樽前山に登ってきました。…

  8. 大雪山 旭岳 ロープウェイ 視界不良 登山 北海道 スノーシュー

    大雪山旭岳 白→青→白

    そろそろ冬山も終わりを告げる時期となりましたが、今回は北海道最高峰の旭岳に登…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 神居尻山 登山 北海道 Aコース 紅葉
  2. 恵庭岳 登山 北海道 紅葉 虹 支笏湖
  3. 樽前山 登山 紅葉 北海道 東山山頂
  4. ニセコアンヌプリ 登山 北海道 鏡沼

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。