menu

天塩岳 初の道北エリア登山もアラレ・雪から晴れて見えた紅葉がキレイだった

今回は天塩岳に登ってきました。自分にとっては、初めての道北エリアでの登山です。

朝から快晴で、天塩岳山頂からの景色を楽しみにしていましたが、途中から天候が崩れて、まさかの雪見登山となりました・・。

天塩岳 登山口 駐車場 天気 北海道

前日は道の駅とうまで車中泊し、朝食後に登山口へ向かいます。

登山口へは、道道101号線を進むと途中に天塩岳登山口の標識も出てくるので、まず見過ごしたり間違うことは無いと思います。ただ、そこからの林道が少し長いですけどね。

天塩岳 登山口 駐車場 天気 北海道 ヒュッテ キャンプ場 新道連絡登山コース

新道登山コースの登山口を過ぎて、ヒュッテに到着。既に車が1台停まっていました。目の前には3つの建物があり、手前からトイレ、炊事場、ヒュッテになります。

キャンプ場としても利用できるみたいだけど、テントを張るのに適した場所は無さそうだったけどな・・。

天塩岳 登山口 駐車場 天気 北海道 ヒュッテ キャンプ場 新道連絡登山コース

朝起きた時、道の駅では小雨が降っていたけど、登山口が近づくにつれて快晴になりました。紅葉もいい感じだし、少し肌寒い中準備します。

今日はヒュッテのある旧道から前天塩岳→天塩岳と登ってヒュッテに下りてくる周回コースの予定です。

天塩岳 登山口 ヒュッテ 駐車場 入林届 登山 旧道コース

入林届はヒュッテの玄関右端に設置されていました。

熊鈴と熊スプレー持参、そしてゲイターもつけて、6時40分頃に出発します。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース

登山口からしばらくは、ほぼ平坦な道を歩いて行きます。登山道はまだ日陰なので吐く息も白いですが、10分も歩けば少しずつ体が暖まってきます。

出発早々、熊糞が落ちていました。ドングリでも食べているのかな、緑色でかなり柔らかそうな状態。8月末頃には、前天塩岳付近で攻撃性のある熊が出たそうですね。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース ピンクテープ

登山道はきれいに整備されているし、ピンクテープもあって迷う心配も無さそうです。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース ピンクテープ

ところが新道コースとの分岐を少し超えたあたりで、いきなり道迷いしそうになりました(恥)。

最初はこの右側にある沢沿いに少し登り始めましたが、すぐに道がなくなり間違ったことに気づきました。結局は右上にあるピンクテープが目に入らなかったのが原因ですが、きちんと周囲を見渡せば大丈夫。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース ピンクテープ

その後も時々よじ登るような箇所を越えて、少しずつ高度を上げていきます。

天塩岳 登山 北海道 渡渉 橋 旧道コース

4・5回渡渉があったかな、ただきちんと橋も設置されているので問題はありません。

ただ一枚板を重ねているだけなので、橋を渡るときはよく弾みますw。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース ピンクテープ

登山道はおおむね、こういう岩場のような道になっています。この手の道が苦手な自分としてはちょっとストレス。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース 紅葉

それでもふと横に目を向けると、山肌の紅葉がキレイに色づき、目を楽しませてくれます。

晴れてはいるものの、光が差し込んでくるには、もう少し時間が必要みたいです。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース キノコ

緩い登りも終わって、前天塩岳手前からは斜度が一気にきつくなってきました。写真を撮るときは休憩できるので、一生懸命被写体を探しながら歩きますw。

さっきまでの快晴はどこに行ってしまったのか、気づけばガスが出てきて周りは真っ白に。しかも樹林帯を抜けたころからパラパラとアラレも降りだして、予想外の展開となってきました・・。

天塩岳 登山 北海道 旧道コース 分岐

前天塩岳と天塩岳との分岐まで来ました。もちろん前天塩岳方向に進みます。ここまではハイマツ帯が風を防いでくれたけど、ココから先はガレ場なので風をもろに受けることになります。

ただ、降っているのがアラレなので濡れる心配が無い為、ウィンドブレーカーは着ずにロンTのままで登っていきます。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

もう少しで前天塩岳山頂、少し前から雪になってきました・・。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

前天塩岳山頂到着、2時間かかりました。

急に斜度がきつくなったところからは、少ししんどかったですね。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

たぶんあっちが天塩岳だよな、と思いながらガスの向こうを想像します。

雲の向こうに太陽の明かりはうっすらと感じられるので、少しでも天気が好天することを願います。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

前天塩岳山頂で粘っても仕方ないので、先へ進みます。天塩岳へは、いったん下ってからの登り返しです。

その下っている途中で少しずつガスが取れ始めました。もしかするともしかするかも・・。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

しばらく歩いていると太陽が出てきて、それからはスゴイ勢いでガスが流れ始めました。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

ハイマツ帯は風を防いでくれるけど、その足元は朝露や雪がとけたりでビシャビシャ。ゲイターは仕事をしてくれているけど、隠れていない部分の登山靴は、もう防水性能の限界を超えています(苦笑)。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

登り返しの登山道もハッキリと見えてきました。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道 紅葉 ダケカンバ

さっきまでガスの中に隠れていた山肌のダケカンバも、斜光を浴びて輝きだしました。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

前天塩岳から下って一番底まで来ました。ここからは登り返しのスタート。

目の前で動いているのは、ガスというより太陽が出たことで朝つゆが蒸発しているって感じかな。実際歩いてもムワッとした温い風を感じましたね。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

この調子なら、天塩岳山頂に着くころにはすっかり晴れて景色を楽しめるはずと思ったのに、山の天気はそうはいかないですね・・。

またガスってしまいました。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

風の当たらないところには、雪がとけずに残ったまま。しばらくすると再びアラレも降り出してきました。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

天塩岳山頂到着。前天塩岳(たぶん)がガスから姿を出した時に、さっと一枚。それにしても山頂標識の文字を黒くしてほしいw。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道

山頂にいてもガスが取れる気配は無いので、そのまま下山開始します。まだアラレがパラパラと降っているけど、天気が悪くならないうちにさっさと下りてしまいたい。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道 避難小屋 小屋泊

天気は良くなるどころか、とうとう雪が本格的に降ってきました。ここまで降ってくると、ロンTも濡れてしまうので、途中の避難小屋を利用してウィンドブレーカーを着ることにします。手前が避難小屋で奥がトイレですね。

あと途中に西天塩岳の分岐看板もあったけど、今回はスルーします。たぶん来年も登るだろうから、その時にでも登ります。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 山頂 旧道コース 北海道 避難小屋 小屋泊

あっという間に外は真っ白・・。ちなみに避難小屋は2階建てになっていました。山頂までは40分くらいでいけるのかな、今度は小屋迫で朝景を狙ってみたいですね。ここからなら大雪の山並みを一望できるはずなので、来年が楽しみです。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道旧道コース

雪の降る中を歩いて行きますが、向こう側は青空が見えています。晴れるかな?

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道旧道コース

ひと山超えたら晴れました。今日は天気が目まぐるしく変わりますね。太陽も出て、体も少し暖かくなりました。

風は少し強めだけど、やっぱり青空を見ると気分も晴れますね。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道旧道コース

初めてちゃんと見た前天塩岳。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道旧道コース

ここのハイマツ帯を下れば、あとは樹林帯を歩いてヒュッテまで戻ります。周囲の山肌も紅葉真っ盛りです。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道旧道コース

本当に紅葉がキレイですね、歩いていて気持ちいい。足を滑らせないかだけ注意して下って行きます。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道 旧道コース 分岐

新道コースとの分岐に到着。

新道コースは林道脇からのスタートだけど、駐車スペースが3台くらいかな。しかも地面がかなりぬかるんでいる感じだったので、あまり停めたくはないと思いました。

天塩岳→前天塩岳もやりたいとは思うけど、その時もヒュッテからの登山口スタートにするでしょうね。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道 旧道コース 分岐

なんかヒュッテが近づくにつれて天候がさらに回復してきたような・・。明日もこっちの山を登るつもりなので、崩れることなく持ちこたえてほしいですね。

天塩岳 前天塩岳 登山 雪 紅葉 北海道 旧道コース 分岐

ヒュッテまでもう少し。紅葉を楽しみながら歩きます。だいぶ日が差してきて暑くなってきました。残り短いけど、ウィンドブレーカーを脱いで歩きます。

天塩岳 前天塩岳 登山口 駐車場 ヒュッテ トイレ キャンプ場 北海道

ヒュッテに到着、約5時間の山行でした。天候が色々と変わったけど、初めての天塩岳を十分に楽しむことができました。来年は小屋迫も含めてまた登りに期待と思います。

実際の山行タイムは下記ヤマレコをご参照ください。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2637658.html

ではまた~。

定山渓ダム 流木 無料配布 薪ストーブ アウトドア薪ストーブの燃料用に定山渓ダムの流木無料配布に行ってきた(令和2年)

大雪高原温泉 沼めぐり 紅葉 ヒグマ情報センター 北海道 式部沼 絶景大雪高原温泉の紅葉沼めぐり ピークは過ぎたけど冠雪した緑岳がキレイだった

関連記事

  1. 松仙園登山道  草紅葉 二の沼 三の沼 アカエゾマツ 湿原 沼の平 愛山渓温泉

    松仙園(沼の平) 2006年から14年ぶりに復活…

    先日愛山渓温泉登山口から愛別岳-当麻岳を歩きましたが、その時に歩けなかった松…

  2. 通行止め 立ち入り禁止 台風21号 

    神居尻山(Bコース→Cコース)※Aコースは通行止…

    9月最初の3連休、中日の日曜日は神居尻山へ。本当はテント泊に行きたか…

  3. 藻琴山 登山 尾根 稜線 雪庇 スノーシュー 北海道

    藻琴山 冬の道東遠征Day3 ご来光&ミニモン…

    道東遠征最終日は藻琴山です。昨年登った時に楽しかったので今回も登ることにしま…

  4. 幌尻岳 テント泊 ピパイロ岳 チロロ林道 テラノバ 北海道 百名山 絶景 ご来光

    幌尻岳(チロロ林道から北戸蔦別岳でテント泊)スマ…

    前日は念願の幌尻岳山頂を目指すもスマホの紛失&回収で体力・気力共に失いテント…

  5. 銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳

    銀泉台から旭岳 紅葉期の車両交通規制前にと思って…

    天気予報では快晴だったので銀泉台からお鉢周りをする予定でしたが、赤岳まで登っ…

  6. トムラウシ山 登山 北海道 スノーシュー

    トムラウシ山(敗退) 天気良すぎてトラバース手前…

    今回は先週敗退したトムラウシ山へのリベンジ。天気も快晴予報で思った以上に早く…

  7. 登山 台風

    樽前山目指して支寒内(ししゃもない)から登るも倒…

    快晴だった週末。以前から登りたかった支寒内から樽前山を登ることに。(ちな…

  8. 蓬莱山 中山峠 冬山 登山 北海道 電波塔

    蓬莱山(中山峠) 自衛隊トレースをたどって

    晴天に恵まれたこの日、先週に続いて今回も蓬莱山に登ってきました。前回は真っ白…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. ヒサゴ沼 天人峡コース テント泊 避難小屋泊 雪渓
  2. トムラウシ山 登山 テント泊 ヒサゴ沼 北沼 北海道 登山
  3. 登山 北海道 テント泊 トムラウシ山 チングルマ 天人峡コース ヒサゴ沼
  4. メスティン レシピ 炊飯 シーズニング

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。