menu

徳舜瞥山 モンスターに会いに行ってきた

今回は徳舜瞥山に登ってきました。冬に登るのは2回目、前回は2018年なので約4年ぶりですね。山頂直下の急登がしんどかったけど、モンスターの出来具合もまあまあだったし楽しい山行となりました。

支笏湖 樽前山 風不死岳 絶景 北海道

6時前に自宅を出て支笏湖経由で徳舜瞥山に向かいます。もう少し待てばもっと色づいた樽前山&風不死岳を見られたかな、まあ登山優先なので先を急ぎます。

徳舜瞥山 駐車場 にょろにょろ 北海道 冬山

久々に徳舜瞥に登ろうと思って調べてみたら駐車スペースが以前とは変わってるんですね。「にょろにょろ」でおなじみの氷筍を見るための駐車スペースと共用となっているようす。

8時過ぎに到着したけど車は2台のみ。赤い車は後から来たけど、その奥が登山口になります。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

準備をして8時30分に出発します。先行者がいてくれたのでトレースを追っていきます。駐車スペースが変更になってからは尾根を登っていく人が多いようだけど、このトレースは林道を歩いていくみたい。ルートを変えようかとも思ったけど、こっちから登るのは初めてなのでこのトレースを追うことにします。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

天候は雲の間からたまに太陽が顔をのぞかせる感じ。ただ気温も高いので早々にジャケットを脱いでウィンドブレーカで歩くことにします。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

序盤は何も考えずにトレースを追っていくだけ、一歩一歩進んで行きます。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

途中で先行者に追いついたので少しの間だけど先頭を歩きます。

キレイな雪原を歩くのは気持ちいいけど、体力は少しずつ削られていきます・・。もっと体力つけないとダメですね。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

前回も見た記憶のある鉄パイプの見晴台?に到着。ここの後ろにある樹林帯を抜けると徳舜瞥山が目の前に広がります。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

モコモコになったモンスターの間を抜けていきますが、樹林帯って一気に温度が低くなることはあっても結構無風状態が多いはず。ただ今回は風もなかなかだったので途中で寒くなってジャケットを着ることに。相当風が強いのかな。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

樹林帯を抜けたら目の前に徳舜瞥山がドーンとはいかず・・。天気予報では時間が経つにつれて晴れるはずなんですけどね。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

さっきまで曇っていたのに登り始めたら太陽が出てきました。で、またすぐに雲の中へ。今日はこれの繰り返し。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷

スキーでジグを切りながら少しずつ登っていきます。吹き溜まりがあったりカリカリな雪面だったり歩くコースを選ぶのが大変。しかも顔を上げたら風も強いしで辛抱しながら山頂を目指します。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー

山頂直下の急登手前でスキーはデポ。こっからツボ足(アイゼンはつけず)で登っていくけどたまの踏み抜きが体力を奪っていきます。結構クラストしてて締まっていそうなんだけど、ズボッと踏み抜くのでイライラもしてくる・・。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー

頂上手前で一瞬気持ちいいくらいに晴れてくれました。ちょっとの間だけ疲れを忘れさせてくれます。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー

12時過ぎに山頂到着。さっきの青空はどこへ、いつの間にかどん曇りの山頂です。気温もそれほど低くなく、風も下に比べればかなり弱くてすごしやすい山頂です。

下山に備えてアイゼンをつけながら小休止します。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー ホロホロ山

ホロホロ山には数名の人影も見えますね。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー

下山開始します。スキーだと山頂付近は樹々がジャマなので少しずつ滑って下りて行きます。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー

樹々が少なくなってからは自由に滑って行きます。少し気温も高くなってきて雪が重たくなってきたけど樹林帯の中も楽しく滑っていきます。

ただ途中でルートを間違って平坦な場所に出てしまいました。しばらく樹林帯を歩くことになったけど、これはこれで楽しいのでOK。それにしてもスキーで滑ると太ももの前側がパンパンになります。登りでも同じ場所を使うので筋力不足なんでしょうね・・。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー

歩いて滑ってを何度か繰り返して登りのトレースに合流。尾根を滑って帰ることも考えたけど、疲れでルート探しをするのが面倒になっちゃいました。トレースは雪面が固まっていてスキーが良く滑ってくれます。

ほぼ直滑降で滑っていくけど太ももはパンパンです・・。

徳舜瞥山 冬山 登山 北海道 モンスター 樹氷 山スキー

一気に滑り降りて平地部分は少し歩きます。行きでは見えなかった徳舜瞥山が見えていますね、尾根ルートでもう1回登らないとダメかな。

徳舜瞥山 駐車場 にょろにょろ 北海道 冬山

13時30分過ぎに駐車場に到着。車が所狭しと停まっていてビックリ。画面外にも5台くらい停まっていますからね。山でスライドしたのはソロの2名のみなので他はみんなにょろにょろ狙いなのかな。

久々に登ったけど最後の急登はやっぱりキツいですね。まだまだ体力不足なことを痛感します。もう1回尾根ルートで登りに来たいけど来られるかな。

実際のログや山行タイムは下記ヤマレコをご参照ください。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/step4_imp.php?did=2917918

ではまた~。

北白老岳 白老岳 南白老岳 登山 北海道 冬山 スノーシュー白老三山(北&白老岳&南) 稜線歩きが楽しい

恵庭岳 山頂 本峰 登山 北海道 冬山恵庭岳 一人では山頂にすら立つことができなかった・・

関連記事

  1. 銀泉台 登山 駐車場 登山口 北海道 大雪山 白雲岳分岐 北海岳

    銀泉台から旭岳 紅葉期の車両交通規制前にと思って…

    天気予報では快晴だったので銀泉台からお鉢周りをする予定でしたが、赤岳まで登っ…

  2. イワオヌプリ 階段 昆布岳 ニセコ五色温泉野営場 テント

    初めてのイワオヌプリ – ニトヌプリ…

    タイトル通りニセコのイワオヌプリとニトヌプリに登ってきました。前々から登ろう…

  3. 白雲岳 ゼブラ雪渓

    銀泉台-白雲岳ー黒岳 テン泊登山 Day2

    あちこちからカエルのような鳴き声(いびき)がひびく白雲岳避難小屋。…

  4. 不死岳 登山 北海道 北尾根 細尾根

    風不死岳 登山口は暑くて山頂はガスで何も見えず・…

    今回は風不死岳に登ってきました。どうしても近場だと樽前山が多くなりますからね…

  5. 雌阿寒岳 阿寒富士 オンネトー 登山 北海道 シルエット 森林コース

    阿寒富士&雌阿寒岳(オンネトー森林コー…

    以前から計画していた道東での登山に3日間の予定で行ってきました。本当は9月に…

  6. 樽前山 932 風不死岳 登山 北海道 支笏湖

    樽前山(東山山頂から)-風不死岳、932、お花畑…

    今回は樽前山から風不死岳まで登ってきました。予定では空沼岳に登るつも…

  7. 樽前山 道道141号線 樽前錦岡線 冬季通行止め 自転車 倒木

    樽前山5合目ゲートまでの道(道道141号線冬季通…

    2018年のGWも山登りのタイミングを逃し続け、気づけば最終日の日曜日。…

  8. 津別峠 屈斜路湖 冬季通行止め ゲート

    津別峠(敗退) 冬の道東遠征Day2 準備不足…

    本来ならこの2日目に今回のメイン山行を予定していたんだけど、悪天候のためあら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

最近の記事

  1. 羊蹄山 真狩コース マダニ 病院 北海道
  2. イチャンコッペ山 登山 北海道 山頂
  3. 樽前山 登山 北海道 タルマエソウ 高山植物 イワブクロ 花
  4. ヒサゴ沼 天人峡コース テント泊 避難小屋泊 雪渓

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。