menu

トムラウシ山 Day1 天人峡からヒサゴ沼で2泊3日のテント泊

今回は2021年夏山シーズン初のテント泊。まだ歩いたことが無い天人峡からヒサゴ沼でテント泊し、トムラウシ山に登ってきました。

1泊2日で歩けるルートだけど、天気も良さそうだったのでのんびり2泊3日の行程としました。とにかく花が満開すぎて最高のタイミングでテント泊できましたよ。

大雪山 旭岳 愛別岳 テント泊 登山 北海道

前日は東川町の道の駅 ひがしかわ「道草館」で車中泊。美瑛で仮眠するのもいいけど、トイレを考えるならこっちの方が断然いいと思います。

天気予報では今日からの3日間は快晴予報、愛別岳(左端)から旭岳(右端)までのキレイな山並みを見ながら登山口のある天人峡温泉に向かいます。

天人峡コース 駐車場 登山口 北海道 大雪山 トムラウシ山

最後のトンネルを抜けたらすぐ左にある無料駐車場に停車。奥では1人が準備中でした。

自分も準備して4時40分に出発、ちなみに今回のザック重量は18kgになりました。

登山 北海道 テント泊 ヒサゴ沼 トムラウシ山 天人峡コース

少し歩いて登山道入り口へ。ここから登って入林届に記入したら、まずはヒサゴ沼を目指して約13キロのスタートです。

登山 北海道 天人峡コース 羽衣の滝 滝見台 ヒサゴ沼 トムラウシ山

天人峡コースはいきなり涙壁の急登から始まります。何度も折り返しながら約40分ほどかけて登り切りました。まあ楽ではないけど、体力のある時なので思ったほどツラくはなかったかな。

しばらく歩くと滝見台から羽衣の滝を見ることができます。

登山 北海道 天人峡コース 羽衣の滝 滝見台 旭岳

同じところからは正面に旭岳も。本当にいいお天気です。

登山 北海道 天人峡コース ヒサゴ沼 テント泊

ここから1時間ちょっとの樹林帯歩きがありますが、とにかく虫がスゴイ。大量の蚊に襲われながら先を急ぎます。次回歩くならモスキートネット持参ですね。実際結構な個所を刺されました・・。

登山 北海道 天人峡コース 第一公園 ワタスゲ 木道

第一公園に入ればそこには天国のような景色が広がっていました。タイミング的にはワタスゲとチングルマがピーク、写真そっちのけで景色に見とれながら歩いてしまいました。

登山 北海道 天人峡コース 第一公園 ワタスゲ 木道 卵 サンショウウオ

第一公園最後の方で見つけたのがこの卵らしきもの。結構大きくてサンショウウオ?とかの卵なのかな。ツンツンしてみたけどプルプルしてましたね。

登山 北海道 天人峡コース テント泊

第二公園も通って先へ向かいますが、概ねこんな感じの登山道。所々泥濘箇所もありました。

登山 北海道 天人峡コース ハイマツ テント泊

ナナカマドとハイマツのミックス帯を登っていきます。多少風も感じられるようになったのでそれほど辛い登りではなかったですね。

登山 北海道 天人峡コース ハイマツ テント泊 旭岳

頑張って登り切り振り返れば、旭岳から白雲岳・緑岳までの山並みが見えていました。大雪高原温泉から緑岳までのお花畑ももう咲いているかな。

登山 北海道 天人峡コース テント泊 小化雲岳

では先へ進みましょう。右に見えるのが小化雲岳、でもここへは登らず左にまくように歩いて行きます。

ハイマツ帯も少しあるけど、見た通り登山道も明瞭なので迷うことはありません。さらにここら辺から足元に咲く花たちを楽しむことができるようになります。

登山 北海道 天人峡コース イワブクロ 

キレイなイワブクロやコマクサがたくさん。今が花のピークって感じ。

登山 北海道 天人峡コース 

先に見えるのは自分より30分くらい早くスタートした人。南沼で1泊2日のテント泊みたい。

登山 北海道 天人峡コース チングルマ エゾノハクサンイチゲ

ここら辺はチングルマとエゾノハクサンイチゲのお花畑。完全にメルヘンな登山道になっています。

登山 北海道 天人峡コース 1947峰 雪渓

化雲岳まで2か所くらい雪渓が残っていたかな、もう少し表面がキレイだったら寝転んで涼みたいくらいです。

正面に見えているのが1947峰。あそこで休憩を取ることにします。

登山 北海道 天人峡コース コマクサ

1947の手前でコマクサ。密がスゴイ、こんなに花がつくんですね。

登山 北海道 天人峡コース 化雲岳

1947に着いて休憩です。そこからようやく見えた化雲岳。あそこからヒサゴ沼までは下りなので、あともうひと頑張りですね。

登山 北海道 天人峡コース トムラウシ山

20分くらいゆっくり休憩したのかな、化雲岳目指して再出発します。1947からもトムラウシ山は見えていましたが、化雲岳へ向かう道中ではトムラウシがかなり近く感じました。あっちは明日2日目に登ります。

登山 北海道 天人峡コース 化雲岳

化雲岳が近くに見えてきました。山頂への登りも距離は短いので問題ありません。

登山 北海道 天人峡コース 化雲岳

約6時間30分で化雲岳に到着。休まずにこのままヒサゴ沼まで行ってしまいましょう。

登山 北海道 天人峡コース ヒサゴ沼 チングルマ メルヘン

本当に一面のチングルマがキレイです。

登山 北海道 天人峡コース ヒサゴ沼 雪渓 テント泊

この雪渓を下れば、今日の行程は終了です。あと少し!

登山 テント泊 天人峡コース ヒサゴ沼 テラノバ

無事ヒサゴ沼に到着。テント場にはいつもある北大のテントともう一張りのみ。自分もとりあえずテントを設営してしまいます。

テントはテラノバのレーサーコンペティション1です。

ヒサゴ沼 テント泊 雪渓 水汲み

テントを張り終わったら水汲みに行きます。結構色んなところから雪解け水が流れているので、浄水器を使うなら近場ですませるのもアリかも。ただ自分は一番奥の雪渓(トムラウシへの近道)まで行って水を汲みます。

あとはのんびりと時間を過ごします。14時過ぎに尾西の赤飯を食べてこの日の食事は終了。その後はキンドルで読書しながら時間を潰します。

余裕あったら五色岳方面に歩いて夕方の写真でもって思ってたけど、雪渓登りが疲れるので止めましたw。

ヒサゴ沼 避難小屋 トイレ 改修工事

テントを設営してから新しい小屋を見に行ったけど、スゴかったのはトイレの方。扉を開けるとハエが何十匹と飛び回って、どんな恐怖映画を見るよりも鳥肌モノ、そっと扉を閉めました・・。

ただ朝夕の気温の低い時間ならそれほどでもないので、その時間帯に利用することをお勧めします。

ヒサゴ沼 夕方 靄 ガス 雪渓 テント泊

ヒサゴ沼は周囲をぐるっと囲まれているので日の入りを見ることはできないですね。

ただ寒暖差でこの日は大量の靄が発生していました。奥の雪渓からも同じようにヒサゴ沼に落ちてきていて、さらにそこを下ってくる登山者の姿も見えました。なんか不思議な雰囲気でしたね。

ヒサゴ沼 ニペソツ エゾシカ テント泊 登山 北海道

太陽も沈んで残照の時間帯。ニペソツと鹿の群れ。テント場も最終的には10張りくらいありましたかね、避難小屋にも数組はいたようす。20時を過ぎればあたりも暗くなって来るので、翌日に備えて寝ることにします。これにて一日目は終了となりました。

実際のログや山行タイムは下記ヤマレコをご参照ください。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3350659.html

ではまた~。

メスティン レシピ 炊飯 シーズニングメスティン購入 車中泊でも炊き立てのごはんが食べたい!

トムラウシ山 登山 テント泊 ヒサゴ沼 北沼 北海道 登山トムラウシ山 Day2 天人峡からヒサゴ沼で2泊3日のテント泊

関連記事

  1. イチャンコッペ山 恵庭岳 登山 北海道 尾根歩き

    イチャンコッペ山 今回も近場でサクッと山登り

    ようやく大雪が一段落して山登りに行くことができました。この日は午後から支笏湖…

  2. 伊達紋別岳 登山 北海道 シラネアオイ

    伊達紋別岳 楽しい尾根歩きと時々シラネアオイ

    今回は伊達紋別岳に登ってきました。思った以上に快晴で下山時には袖まくりした腕…

  3. 美比内山 登山 北海道 定山渓

    美比内山 はじめが肝心

    今回は美比内山に登ってきました。予定では美比内山から千尺高地を歩くつもりでし…

  4. 幌平山 登山 北海道 冬山 アトラス レンジBC 26

    幌平山 ようやく行けたスノーシュー(レンジBC)…

    前回の山行から約3週間経って、ようやく新しく購入したアトラス レンジBCの試…

  5. 旭岳温泉自然探勝路 大雪山 スノーシュー クロスカントリー 樹氷 樹林帯 おすすめスポット 穴場

    冬の旭岳温泉自然探勝路(クロカンスキー・スノーシ…

    この日は旭岳姿見の池周辺での朝景を諦め、樹林帯を散策することにしました。元々…

  6. 幌尻岳 チロロ林道 登山 テント泊 北海道 百名山 北戸蔦別岳 ハイマツ帯 天気 

    幌尻岳(チロロ林道から北戸蔦別岳でテント泊)でス…

    今年の夏山登山で目標にしている幌尻岳に行ってきました。テント泊する北戸蔦別岳…

  7. グレゴリー ターギー45 ザック 樽前山 ヒュッテ 7合目登山口 ミニスキー ファンスキー 1月

    リベンジ!樽前山7合目登山口ヒュッテ前からミニス…

    最近ようやく天候が荒れ気味で雪が降るようになりましたね。まあその分山に登るこ…

  8. 喜茂別岳 登山 北海道 黒橋パーキング

    喜茂別岳 黒橋パーキングから山スキーで青空の山頂…

    今回は喜茂別岳に登ってきました。初めて登った前回はガスられて山頂では何も見え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 豊平川 ランニング お花見 北24条桜大橋 豊平川桜の杜 札幌市 菊水元町
  2. タカギ ラクロック蛇口アダプター 散水ホース ジョイント ネジ止め
  3. 豊平川 土手 ランニング 雪捨て場
  4. 自転車 タイヤ 虫ゴム パンク

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。