menu

トムラウシ山 Day2 天人峡からヒサゴ沼で2泊3日のテント泊

ヒサゴ沼でのテント泊2日目は、トムラウシ山へのピストンです。

昨日に引き続いての快晴で最高の天気の中を登ってきました。山行時間は短いですが、今日もたくさんの花を愛でながらの楽しい1日となりました。

ヒサゴ沼 テント泊 ニペソツ山 

起床は日が登る前の3時過ぎ。すでに数組はそれぞれの目的地を目指して出発しています。中には十勝岳を目指す人もいたようですね。

自分の2日目はトムラウシ山へのピストンだけなので、何時に出発してもいいけど周りがこうも慌ただしいと、それにつられて準備してしまいますw。

風は無く凪状態のヒサゴ沼にはピンク色に染まりつつある雲が写り込んでいました。

ヒサゴ沼 テント泊 雪渓 

テントには朝露がビッシリ。朝日が当たって乾かしてほしいけど、テント場にまで朝日が差し込んでくるにはまだだいぶ時間がかかりそうです。

朝食のインスタントラーメンを食べてから出発の準備を行います。

ヒサゴ沼 テント泊 トムラウシ山 登山 北海道 雪渓

5時過ぎにテント場を出発、まずは雪渓登りからです。朝イチだし雪の状態が心配だったけど、すでにかなりゆるくなっていて滑落の心配はゼロでした。

ヒサゴ沼 テント泊 トムラウシ山 登山 北海道 雪渓

雪渓を吹く風が生温かくて、早朝の爽快感は全くありませんw。ゆっくりと登って夏道に合流します。

トムラウシ山 登山 北海道

ドーンと目の前にトムラウシ山。木道を歩きつつ、天沼・日本庭園を越えてロックガーデンへと向かいます。

チングルマ 朝露 登山 北海道 フサフサ

朝露キラキラ、チングルマ。

トムラウシ山 登山 北海道 天沼 チングルマ

天沼付近のチングルマはまだ咲いていましたね。

トムラウシ山 ヒサゴ沼 テント泊 日本庭園

ロックな日本庭園を越えて行きますが、やっぱりこういう岩場って歩くのが楽しくて個人的には大好きです。

トムラウシ山 登山 北海道 ロックガーデン ヒサゴ沼

ロックガーデン手前でルートを外れて道に迷っていた男性がいました。スマホのバッテリー切れでルート確認ができなかったようですが、とりあえず事なきを得たようす。

久しぶり見るロックガーデンは相変わらずの壮観さですね。左下から右上に向かって登っていくことになりますが、目印も細かくついているので大丈夫。

トムラウシ山 登山 北海道

ロックガーデンを登るのは楽しいんだけど、そこからのハイマツ帯の登りがキツイんですよね。風も無く蒸し暑くてしんどいです。

ようやく登り切って遠くに再びトムラウシ山。さあもうひと踏ん張りです。

トムラウシ山 登山 北海道 北沼側

右側が山頂になりますが、北沼側から登るのは初めて。さてどんな感じかな。

トムラウシ山 登山 北海道 北沼側

ルートも明瞭だし、目印も細かくついていて迷うこともありませんでしたね。

トムラウシ山 登山 北海道 北沼側

ようやく山頂が見えました。どうやら他に人はいないようす。

トムラウシ山 登山 北海道

ヒサゴ沼から3時間ほどでトムラウシ山山頂到着。風は無風だけど、少しひんやりとして涼しいですね。

時間は7時30分くらい。テント泊していた人たちはすでに下山しており、短縮登山口から来る人たちはまだというタイミングかな。あと1時間もすればまた混み合うんでしょう。

トムラウシ山 登山 北海道 南沼 十勝岳連峰 オプタテシケ山

岩場に腰かけて十勝岳連峰を眺めながら休憩します。しばらくするとヒサゴ沼で一緒だった男性が登ってきました。

少しお話して縦走する時のルートについて色々と教えていただきました。可能だったら来年チャレンジしてみたいと思います。

トムラウシ山 登山 北海道 旭岳

20分くらい休んだら下山開始、旭岳方面も快晴ですね。

ヒサゴ沼 分岐 化雲岳 登山 北海道

ヒサゴ沼までの帰りはほとんど登りは無いのでサクサク歩いて戻ります。

化雲岳とヒサゴ沼への分岐まで戻ってきました。メールしたいことがあったけど、その為には目の前の山を登って化雲岳周辺まで行かないと電波が届きません。でも登るのが面倒くさいので、諦めてそのままヒサゴ沼へ下りることにします。

明日下山途中でメールすればいいや。

ヒサゴ沼 テント泊 水場 雪渓 北海道

ロックなルートを通って雪渓からヒサゴ沼へ下りて行きます。

アオノツガザクラ 高山植物 花 ヒサゴ沼

かわいいアオノツガザクラを発見。

ヒサゴ沼 テント泊 撤収 登山 北海道

2時間ぐらいでヒサゴ沼まで戻ってきましたが、次にやることはテントの撤収。明朝テントを片付けるのが面倒くさいので、今晩は避難小屋に泊まることにします。

朝露に濡れていたテントはしっかり乾いており、撤収もらくちんでした。

ヒサゴ沼 避難小屋 登山 北海道 蜜

避難小屋で寝床を作ったら、あとは昨日と同じように水汲みやキンドルを読んで時間を潰します。15時過ぎにドライフードのカルボナーラを食べて食事は終了。

午前中の小屋内は自分ともう一人だけでしたが、午後湖からはポツポツと人が到着して、1階7名・2階5名の夜となりました。

ヒサゴ沼 靄 寒暖差 テント泊 小屋泊 北海道

夕方には昨日と同じように靄が発生し、少しだけ神秘的な景色を見せてくれました。

明日は3日目最終日で下山の日。風は強いけど天気は晴れ予報、朝5時くらいの出発予定です。20時過ぎには就寝しましたが、小屋泊ってどんな人たちが来るかは、やっぱり運ですよねぇ・・。

実際のログや山行タイムは下記ヤマレコをご参照ください。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3350659.html

ではまた~。

登山 北海道 テント泊 トムラウシ山 チングルマ 天人峡コース ヒサゴ沼トムラウシ山 Day1 天人峡からヒサゴ沼で2泊3日のテント泊

ヒサゴ沼 天人峡コース テント泊 避難小屋泊 雪渓トムラウシ山 Day3 天人峡からヒサゴ沼で2泊3日のテント泊

関連記事

  1. 通行止め 立ち入り禁止 台風21号 

    神居尻山(Bコース→Cコース)※Aコースは通行止…

    9月最初の3連休、中日の日曜日は神居尻山へ。本当はテント泊に行きたか…

  2. 伊達紋別岳 伊達市

    伊達紋別岳

    先週の土曜日、伊達紋別岳に登ってきました。天候が不順でなかなか登れな…

  3. 黒岳山頂

    黒岳 お鉢平一周(左回り)

    先週の土曜日、黒岳からお鉢平一周をしてきました。お鉢めぐりは初めてです。…

  4. 樽前山 西山 11月

    爆風の樽前山

    3連休最後の日曜日は樽前山に登ってきました。ちょうど今時期は東山山頂…

  5. 美瑛町 観光名所 撮影スポット 五稜の丘 紅葉 秋 雲海 霧 北海道

    芦別岳に登ろうと思ったら結局美瑛観光になってしま…

    この日は久々の微風&快晴という登山日和の天気予報。どこの山に…

  6. 昆布岳 登山 北海道 残雪

    昆布岳 あっという間に晴れてあっという間にガスる…

    今回は久しぶりの昆布岳。前回が2018年7月なので約3年ぶりですね。…

  7. 樽前山 ご来光 登山 奥宮 ガス 雲海

    樽前山 ご来光登山でガスに翻弄される

    いつもは夕方の涼しい時間帯をねらってサンセット登山をしていた樽前山ですが、今…

  8. 雌阿寒岳 登山 冬山 北海道 爆風 天気

    雌阿寒岳 冬の道東遠征Day1 晴天からの爆風…

    今回は冬山を登る為に2泊3日の予定で道東遠征に行ってきました。まず1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 神居尻山 登山 北海道 Aコース 紅葉
  2. 恵庭岳 登山 北海道 紅葉 虹 支笏湖
  3. 樽前山 登山 紅葉 北海道 東山山頂
  4. ニセコアンヌプリ 登山 北海道 鏡沼

プロフィール

nobyです。
北海道札幌市在住。
山登り・写真撮影。

PINETRICK「北海道の山登りと風景(写真)、そして日々のこと。」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。